関東第一・井坪陽生選手が特大ホームラン、巨人など複数球団スカウト視察

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

関東第一のプロ注目スラッガー・井坪陽生選手が特大ホームランを放ち、視察した巨人スカウトが「今後も見続けて行かないといけない」と高く評価した。

スポンサーリンク

高校通算15号

井坪陽生選手は177cm86kgの右の大砲として注目される。この日の春季高校野球東京大会の3回戦、紅葉川戦では4回、インコースのスライダーを捉えると、打球は左中間の防球ネットに突き刺さる特大のホームランとなった。

「相手投手は変化球が多いので、狙って初球からいけました」と話した。6回にもレフトオーバーのタイムリー2ベースヒット、7回にはコールドを決めるレフトへの犠牲フライを放った。

この日は複数の球団のスカウトが姿を見せていたが、巨人の木佐貫スカウトは、「パンチ力がありますね。力がしっかりボールに伝えられている。今後も見続けていかないといけない選手」と評価すると、他のセリーグのスカウトも「右打者でこの素材はいいですね」と評価した。

投手としても144キロの球を投げる強肩外野手で、50m6.0秒の足もあり、身体能力の高さも注目される井坪選手、米沢監督も「上を目指す選手。試合前にも、打つだけじゃないところを見せてくれ、と言いました」と話し、あらゆる部分でアピールできると評価する。

これからさらに注目度が増して行きそうだ。

2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】東京の二刀流 関東第一の井坪陽生がスカウト陣の前で高校通算15号
 関東第一のプロ注目外野手の井坪陽生(ひなせ、3年)が豪快な1発を放った。両チーム無得点で迎えた4回1死から内角低めのスライダーをすくい上げた。打球は左中間最深部のフェンスを越え、防球ネットに突き刺さ

 巨人の木佐貫スカウトは「パンチ力がありますね。力がしっかりボールに伝えられている。今後も見続けていかないといけない選手」。あるセ・リーグスカウトも「右打者でこの素材はいいですね」と絶賛。今秋のドラフト候補として印象づけられた格好だ。

関東第一7回コールド勝ちで3回戦を突破 井坪が1発&犠飛 春季東京大会 - 高校野球 : 日刊スポーツ
関東第一は、7回コールド勝ちで3回戦を突破した。0-0で迎えた4回1死、3番の井坪陽生外野手(3年)が内角低めのスライダーをとらえて左中間スタンドに運び、先制… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

井坪は50メートル6秒0の足もあり、投手としては最速144キロ右腕の二刀流。米沢貴光監督は「もっと上を目指している選手なので、試合前に『打つだけじゃないところも、しっかりやっていこう』と話した。レベルアップしてほしい」と期待を寄せる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント