東海大菅生の小池祐吏選手が4打数4安打4打点、DeNAスカウト「ボールの捉え方しっかりしている」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

東海大菅生のプロ注目内野手・小池祐吏選手が、春季高校野球東京大会の3回戦で、4打数4安打4打点の活躍を見せた。

スポンサーリンク

スカウトが評価

小池祐吏選手は、横浜DeNAの小池コーチの長男で、父親と同じく右の強打の内野手として注目されている。

この日の明学東村山との試合では4番サードで出場すると、初回に2アウト3塁の場面でレフト前にタイムリーヒットを打ち、2回1アウト2塁の場面でも、三塁線を破るタイムリー2ベースヒットを打った。その後もヒットを打ち続け、4打数4安打4打点、「ホームランを打ちたい気持ちもありますが、低い打球を意識しました」とあえて低くて強い打球を狙って打った。

この日は複数の球団のスカウトが視察をしたが、横浜DeNAの欠端スカウトは「ボールの捉え方がしっかりしているし、勝負強い。大振りがなくなり、ここで1点欲しいなという時には打っている」と評価した。

オフはウェイトトレーニングで体を強化し、春の練習試合では5本塁打を放つなど、高校通算13本塁打としている。しかし、「大きいのを狙いすぎて結果が出なくなった時、若林先生から低い打球を狙おう、当たれば飛距離が出るから」とアドバイスを受けた。

調子が良くなって来れば、打球も自然に上がってきてホームランもみられるかもしれない。強打の右の内野手に注目が集まる。

2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東海大菅生が14安打15得点の猛打で16強入り、夏のシード権を獲得 春季東京大会 - 高校野球 : 日刊スポーツ
東海大菅生が14安打15得点の猛打で16強入り。夏のシード権を獲得した。4番の小池祐吏内野手(3年)が、4打数4安打4打点。3本の適時打を放つ活躍で打線を引っ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

冬はスイングスピード強化のために、上半身のウエートトレーニングを徹底した。春の練習試合解禁から5本塁打を放ち、高校通算は13本。パワーアップを実感している。

公式戦ではチームプレーを徹底する。「大きいのを狙いすぎて結果が出なくなった時、若林先生(監督)から『低い打球を狙おう。当たればおのずと飛距離が出るから』と言ってもらった。そこから結果が出始めました」と話した。

東海大菅生 小池Jr.4の4大暴れ 父はDeNA・正晃外野守備走塁コーチ/デイリースポーツ online
 「春季高校野球東京大会・3回戦、東海大菅生15-1明学東村山」(8日、スリーボンドスタジアム八王子) 東海大菅生が五回コールド勝ちで16強入りし、夏のシード権を獲得した。DeNA・小池正晃外野守備走塁コーチの長男でプロ注目の祐吏内野手(ゆうり、3年)は「4番・三塁」で出場。4打数4安打4打点と大暴れした。

4番の役割を果たす打撃だった。初回、2死三塁の好機で左前適時打を放ち先制。その後も走者がいる場面できっちりかえし「低い打球で強く打つことを意識したのでそれが結果になって良かった」。視察したDeNAの欠端スカウトも「ボールの捉え方がしっかりしているし、勝負強い。ここで1点欲しいなという時には打っている」と評価した。

東海大菅生が16強入り DeNA・小池コーチの長男・祐吏が4安打4打点 春季高校野球/東京大会
春季高校野球東京大会(8日、東海大菅生15-1明学東村山=5回コールド、スリーボンドスタジアム八王子)東海大菅生が16強入りを決め、夏のシード権を獲得した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント