大阪ガスの河野佳投手がオープン戦で6回9失点3被弾、複数球団スカウト視察

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

最速151キロ右腕で、昨年に公式戦6勝0敗と圧倒的な投球を見せ、社会人NO.1右腕と注目される河野佳投手が、JR西日本とのオープン戦で登板した。

スポンサーリンク

球が全部、高く浮いた

河野佳投手は昨年、日本選手権や都市対抗など公式戦で6勝0敗、圧倒的な投球で最多勝利投手賞、最優秀防御率賞、ベストナインなどを獲得した。広陵高校時代から速球が注目され、最速151キロ右腕として今年の社会人NO.1右腕として注目されている。

しかし、この日のJR西日本とのオープン戦では先発したものの、3本のホームランを浴びるなど6回を投げて9失点、今年対外試合2試合目とゆっくりめの調整をしている中でまだ本調子とは言えず、フォークなどを試しながら投げたものの、「球が全部、高く浮いて点につながった」と反省の投球となった。

昨年秋の都市対抗野球でも、変化球や球の角度などで抑えていたもののやや腕の振りが弱く、斎藤佑樹投手の大学4年時に近いような印象も受けた。制球力や球威、実戦経験などがある投手で、故障がなく、強い腕の振りで投げられれば、ドラフト1位候補となるが、まずはその点を今年チェックする必要がある。この日も複数球団のスカウトが視察し、投球をチェックした。

またこの日は、左の大砲で同じくドラフト候補として注目される三井健右選手が、5回にタイムリーヒットを打ち、スカウトの前でアピールをした。

河野投手、三井選手は、まずは7月の都市対抗本戦出場に向けて仕上げていく。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-社会人外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補の大阪ガス・河野佳3被弾など6回9失点 三井健右は適時打、主軸の存在感示す - アマ野球 : 日刊スポーツ
今秋ドラフト候補で最速151キロ右腕の大阪ガス・河野佳投手(20=広陵)がオープン戦のJR西日本戦に先発した。今年の対外試合2戦目は3被弾など6回9失点。球速… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

今秋ドラフト候補で最速151キロ右腕の大阪ガス・河野佳投手(20=広陵)がオープン戦のJR西日本戦に先発した。今年の対外試合2戦目は3被弾など6回9失点。球速差があるフォークを試すなど、試行錯誤の投球だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント