春季高校野球北海道大会は8球団注目の苫小牧中央・斉藤優汰投手、7球団注目の知内・坂本拓己投手など注目投手続々

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

春季高校野球北海道大会の予選の組み合わせが決まった。今年は注目投手が非常に多く、8球団が注目する148キロ右腕の苫小牧中央・斉藤優汰投手、7球団が注目する知内の147キロ左腕・坂本拓己投手などが注目を集める。

スポンサーリンク

史上最高レベル

今年の北海道の高校生投手は、史上最高レベルの注目度と言って良い。苫小牧中央・斉藤優汰投手は188cm91kgの体から最速148キロの速球を投げ、春先には北海道日本ハムなど8球団のスカウトが視察をした。平均でも145キロを計測するといい、そのスケールの大きさは全国クラスと言えそうだ。また苫小牧中央では新海翔投手も146キロの速球とカーブ、スライダーなどのキレの良い変化球を投げる。

知内の坂本拓己投手は最速147キロを記録する左腕投手。こちらも春先に7球団のスカウトが視察に訪れ、11球団から状況などを確認する電話が入っているという。知内では馬躰光瑛投手も142キロの速球を投げ、非常に安定した投球を見せる。

他にも東海大札幌の門別啓人投手は、182cm85kgの左腕投手で最速は149キロを記録する。室蘭栄の住吉壮野投手は146キロの速球を投げる右腕投手で、大学に進学して将来的にプロ入りを目指すことも考えている。

クラーク国際ではセンバツでも評価を上げた辻田旭輝投手がいる。182cm80kgの体から148キロの速球を投げ、投球が徐々に磨かれてきた。遠軽の市川翔投手はこの春の紅白戦で144キロを記録し成長を見せている。札幌日大の宮武星史郎投手も180cmの右腕投手で140キロを記録、制球力の良さに定評がある。

北海道大会は各地区の予選が5月7日から行われ、全道大会は5月23日から29日に行われる。

2022年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】苫小牧中央、プロ注目の最速148キロ右腕・斉藤優汰「全試合無失点で投げ抜く」
 第61回春季全道高校野球大会(5月23日開幕、札幌円山)地区予選の組み合わせ抽選が27日、室蘭、小樽、函館、十勝の4地区で行われた。室蘭地区の苫小牧中央は5月7日の2回戦で苫小牧西・白老東・富川・え

斉藤の覚悟は太ももに表れた。188センチ、91キロの体格に、はち切れんばかりの下半身。入学当初48センチだったもも周りは、14センチもサイズアップした。寒さが残る中、23日の練習試合では6回無失点で最速の148キロに迫る147キロも計測。「球が変わりつつある。暖かくなればまだまだ伸びる」と渡辺宏禎監督(53)も期待を寄せる。

苫小牧中央、最速148キロ右腕・斉藤優汰にNPB8球団視察 エース中心に8年ぶり春全道狙う - 高校野球 : 日刊スポーツ
第61回春季全道高校野球地区予選の組み合わせ抽選が27日、十勝など4地区で行われ、室蘭地区の苫小牧中央は、ひとまわり成長したエースを中心に、14年以来8年ぶり… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
知内147キロ左腕坂本拓己にNPB7球団視察 馬躰光瑛とのダブルエースで24年ぶり春全道だ - 高校野球 : 日刊スポーツ
第61回春季全道高校野球地区予選の組み合わせ抽選が27日、十勝など4地区で行われた。函館地区の知内は147キロ左腕の坂本拓己、141キロ右腕の馬躰(ばたい)光… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
遠軽エース右腕市川翔、自己最速3キロ更新144キロ 阿波監督「市川を中心に全道で勝ちたい」 - 高校野球 : 日刊スポーツ
第61回春季全道高校野球地区予選の組み合わせ抽選が26日に北見地区で行われ、遠軽は5月8日北見北斗との対戦が決まった。エース右腕市川翔投手(3年)は、今月上旬… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント