智弁和歌山・武元一輝投手が146キロ、9球団視察の前で好投

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

春季高校野球和歌山大会では、智弁和歌山のプロ注目・武元一輝選手が登板し、最速146キロの速球を投げた。

スポンサーリンク

7回途中1失点

二刀流で最速148キロの速球を投げる武元一輝投手はこの日、準々決勝の田辺戦で先発のマウンドに立つと、初回にこの日最速の146キロを記録し、力強いストレートで3回までノーヒットに抑える立ち上がりを見せた。

7回に2アウト1塁となったところで降板したが、6回2/3を4安打1失点、四球も1つと制球も安定していた。102キロというカーブも織り交ぜる投球で、「捕手のミットを目がけて投げるというイメージだけでした。両サイドのコントロールとテンポを意識した。緩いカーブなども入れながら、緩急も意識しました」と話した。

武元投手は187cm88kgという体もあり、そのスケールの大きさなどからプロも今年の大成を注目している。この日は9球団のスカウトが集まり、東京ヤクルト・伊東編成部長は「体格のいい、素晴らしい投手」とその様子を見守った。

まだまだ力を秘めているような感じで、準決勝、決勝、近畿大会で150キロという大台も記録してくる可能性がある。ポテンシャルが大きいと感じさせる武元選手は、今年のドラフト戦線の台風の目だと思う。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-和歌山県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
智弁和歌山のドラフト候補・武元一輝、今春初先発で7回途中1失点 9球団視察 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今秋ドラフト候補に挙がる最速148キロ右腕の智弁和歌山・武元一輝(3年)が準々決勝で今春の公式戦初先発。9球団のスカウトが視察する前で、7回途中を4安打1失点にまとめた。
【高校野球】昨夏甲子園Vの智弁和歌山が県4強入り プロ注目右腕・武元一輝は7回途中を4安打1失点
 昨夏の甲子園優勝校・智弁和歌山が田辺を破り、県4強に進出して夏のシード権を獲得。プロ注目の最速148キロ右腕・武元一輝(3年)は先発し、6回2/3を4安打1失点だった。
智弁和歌山・武元 いきなりMAX146キロ!制球力も改善 9球団スカウトに成長アピール/デイリースポーツ online
 「春季高校野球和歌山大会・準々決勝、智弁和歌山4-1田辺」(2日、紀三井寺球場) 今秋ドラフト候補で最速148キロ右腕の智弁和歌山・武元一輝投手(3年)が、今春の公式戦に初先発し6回2/3を4安打1失点と好投。9球団のスカウトが見守る中、身体能力の高さを示した。
智弁和歌山が4強 プロ注目の武元も活躍 春季高校野球和歌山大会/デイリースポーツ online
 「春季高校野球和歌山大会・準々決勝、田辺1-4智弁和歌山」(2日、紀三井寺球場) 智弁和歌山が田辺を下し、4強入りを果たした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント