桐生第一の高校通算22本スラッガー・三塚琉生選手が5球団スカウトの前で豪快弾

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

春季高校野球群馬大会では、高校通算22本塁打を放つプロ注目の左のスラッガー、桐生第一の三塚琉生選手が豪快なホームランを放ち、視察した5球団のスカウトにアピールをした。

スポンサーリンク

打った瞬間

三塚琉生選手は181cm83kgの左投左打の外野手で、高校1年秋から主軸を打ち、2年生の昨年からは4番を任されている選手で、高校通算22本塁打を放っている。

春季群馬大会でも1本塁打を放っているが、この日の準決勝・前橋育英戦でも初回、1アウト2塁の場面で打席に立つと、2球目のインコースのストレートをスイングし、打った瞬間に入るとわかるライト芝生席への2ランホームランを放った。「直球で押している投手だったので、直球を狙っていました。自分の間で、いいタイミングが取れていた」と話した。

試合は7−11で前橋育英に敗れ、関東大会出場には届かなかったものの、この日、視察した5球団のスカウトにアピールする当たりとなった。今後、練習試合などに足を運ぶスカウトも出てきそうで、夏の活躍も期待される。

また、注目の145キロ右腕・北村流音投手はこの日は3番手で登板したものの、3回8安打4失点と調子が良くなかった。こちらも昨年秋に素晴らしい投球を見せていた投手で、夏までの復調が待たれる。

2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-群馬県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】桐生第一準決勝敗退 プロ注目三塚琉生は豪快先制2ランで視察陣に長打力アピール - 高校野球 : 日刊スポーツ
昨秋王者の桐生第一は、前橋育英の打線を止められず準決勝で敗れた。3年ぶりの関東大会出場には届かなかった。0-0で迎えた1回1死二塁、プロ注目の三塚琉生(るい)… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

「直球で押している投手だったので、直球を狙っていました。自分の間で、いいタイミングが取れていた」と振り返った。今大会2本目で高校通算22号。5球団のスカウトが視察に訪れた試合で、長打力をアピールした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント