東邦が149キロ右腕・宮國凌空投手と147キロ右腕・三浦心空投手のリレーで愛工大名電を撃破

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

春季高校野球愛知大会は決勝が行われ、東邦が愛工大名電に3−0で勝利した。149キロ右腕の2年生・宮國凌空投手と、147キロ右腕の3年生・三浦心空投手が完封リレー。

スポンサーリンク

10年ぶり春王者

東邦は愛工大名電に対し、昨年春、夏、そして今年春の名古屋地区予選でも敗れていた。勝ち上がった春季大会決勝戦で4度対決となった相手に対し、140キロ後半の速球を投げる投手をぶつける本気を見せた。

先発したのは最速149キロの速球を投げる2年生の宮國凌空投手で、「序盤は変化球を狙われたけど、回を経るごとに調子が上がってきた」とダイナミックなフォームからの力強いストレートで、8回0/3を投げて5安打6奪三振で無失点投球を見せた。

9回に四球とヒットでノーアウト1、2塁になると、147キロ右腕のエース・三浦心空投手が登板する。三浦投手も腕を思い切り振り、自己最速タイの147キロのストレートで2つの三振を奪うなど3人でシャットアウトした。

既に夏のシード権や、春季東海大会への出場は決まっている。それでも、山田監督は「全力で勝ちに行きました」と、少し苦手意識を持ち始めている愛工大名電に対し、その意識を払拭するための起用をした。

2枚看板は東海大会でも注目されそうだ。

東邦高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-愛知県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東邦が4度目の正直で〝名電撃破〟完封リレーで春制覇「夏への自信になる」【高校野球愛知県春季大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
春季高校野球の愛知県大会決勝が4日に行われ、東邦が愛工大名電に3―0で快勝し、10年ぶり8度目の春王者となった。両校は春季東海大会(2...

勝利の立役者は先発した2年生の最速149キロ右腕・宮国。ダイナミックなフォームから力強い直球と変化球をテンポよく投げ込んだ。8イニング3分の0を5安打無失点、6奪三振。「序盤は変化球を狙われたけど、回を経るごとに調子が上がってきた」と強気な投球を貫いた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント