苫小牧中央の斉藤優汰投手が150キロ、巨人・オリックスなど3球団が視察

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

苫小牧中央の189cm91kgの右腕・斉藤優汰投手が、150キロを記録した。この日は巨人、オリックスなど3球団のスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

夏までに楽しみが多い

春季高校野球北海道大会の室蘭地区予選、苫小牧中央の斉藤優汰投手は、苫小牧西・白老東・富川・えりも・室蘭工の連合チームとの試合で7回に登板すると、先頭打者の初球に144キロのストレートを投げた。

3球目には148キロを記録するとその後もストレートを続けて2三振を奪う。そして3人目の打者の2球目に150キロを記録した。「高校に入ったときから150キロを目指してきた。まずはうれしい。」と話す。この日は11球全てストレートで三者三振、圧倒的な力を見せた。

昨年秋も、189cmの長身から最速148キロの速球を投げていた。しかし、秋の全道大会では滝川にしせんで7回6安打5四死球で5失点と制球を見出して敗れた。冬はフォーム改善に取り組み、また体力を強化して体重は7kg増え91kgになった。

この日も「低めに140キロを超える速さで投げられたのは収穫」と話し、「高校のうちに153キロぐらいまで伸ばせたら」とまだ球速は出ると自信を見せた。

この日は巨人、オリックスなど3球団のスカウトが視察した。

巨人・柏田スカウト:「スピードが出る。上背もあり、未完成なところもあるが、伸びしろがある。冬の間、ちゃんと練習してきた証拠。夏までに楽しみが多い」

とまだ未完成だが楽しみな素材と評価した。

スケールの大きさが注目される斉藤投手、プロ志望をすればまずは育成ドラフトまでには必ずかかる選手だと思うが、この春、そして夏の投球で他球団の注目度も増しそうで、指名順位はどんどん早くなっていくかもしれない。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】プロ注目の苫小牧中央・斉藤優汰「目指してきた」スタンドどよめく150キロ - 高校野球 : 日刊スポーツ
苫小牧中央のプロ注目右腕、斉藤優汰(3年)が苫小牧西・白老東・富川・えりも・室蘭工戦の7回から登板し、自己最速の150キロをマークするなど打者3人を連続三振に… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

スタンドでは巨人、オリックスなどNPB3球団のスカウトが視察。巨人柏田スカウトは「スピードが出る。上背もあり、未完成なところもあるが、伸びしろがある。冬の間、ちゃんと練習してきた証拠。夏までに楽しみが多い」と、成長を感じ取っていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント