桐蔭横浜大の吉田賢吾捕手が2安打1打点、視察した2球団スカウトにアピール

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

神奈川大学リーグでは、桐蔭横浜大が横浜国大に7−6で勝利し、開幕7連勝とした。プロ注目捕手の吉田賢吾選手は5打数2安打1打点を記録し、視察した2球団のスカウトにアピールした。

スポンサーリンク

今季5本塁打

吉田賢吾選手はこの日、3番捕手で出場すると5回の第3打席でライト線への二塁打など5打数2安打1打点を記録した。「打撃の調子はそこまで良くないです」と話すものの、今季はリーグ戦で5本塁打を放っている。

この日は相手に先手を奪われ、7回まで1−5と4点を追う試合展開だった。主将としてチームを引っ張る吉田選手はナインに檄を飛ばし常に声を出し続けると、その8回に一挙6点を挙げて逆転、これでリーグ戦7連勝とした。「全員が同じ方向を向けば、ああやって形になる。これを明日も続けていきたい」と話した。

昨年秋にも5本塁打で21打点を挙げる活躍を見せた。現時点でリーグ通算は10本塁打だが、2季で量産している。この日は2球団のスカウトが視察をしたが、大学野球選手権に出場しその打撃をアピールすること、そして秋も5本塁打くらいを打って行ければ、ドラフト会議での指名が近づいていく。

2022年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-神奈川大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【神奈川大学】プロ注目の桐蔭横浜大・吉田賢吾「このままじゃ負けるぞ」キャプテンシーも見せた - アマ野球 : 日刊スポーツ
今秋ドラフト候補の桐蔭横浜大・吉田賢吾捕手(4年=横浜商大高)が7日、横浜スタジアムで行われた横浜国大戦に「3番捕手」で先発出場。今春リーグ戦ですでに5本塁打… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

今秋ドラフト候補の桐蔭横浜大・吉田賢吾捕手(4年=横浜商大高)が7日、横浜スタジアムで行われた横浜国大戦に「3番捕手」で先発出場。今春リーグ戦ですでに5本塁打を放っている強打の持ち主は、2球団のスカウトが視察する中、5打数2安打1打点。「打撃の調子はそこまで良くはないです」と話しながらも、1本の二塁打を放つなど、チームを開幕から無傷の7連勝に導いた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント