報徳学園の144キロ左腕・榊原七斗投手が完封、二刀流で活躍し兵庫大会で優勝

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

春季高校野球兵庫大会は、報徳学園vs東洋大姫路の決勝戦が行われ、報徳学園のエース榊原七斗投手が完封し2−0で報徳学園が優勝した。

スポンサーリンク

マダックス

榊原七斗投手は、最速144キロの速球を投げる左腕投手として、また高校通算13本塁打の長打力のある左のスラッガーとして注目される。

この日は初回に1アウト3塁の場面でレフトへのタイムリー2ベースヒットで先制すると、制球を意識した投球でテンポ良く打たせてとる投球を見せる。9回に2アウト1、2塁のピンチとなったものの、最後は三振を奪った。9回5安打5奪三振1四球で完封、わずか94球でマダックスを達成した。

「1点もあげなかったことは成長だと思う。開き直って投げられた。この優勝は自信になるが、また夏に向けて1からやっていきたい」と話す榊原投手、昨年秋に3回戦で完封された東洋大姫路に勝利し、夏は王者として戦う。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】報徳学園5年ぶり春の兵庫V エース榊原七斗「リベンジ」東洋大姫路を94球で完封 - 高校野球 : 日刊スポーツ
報徳学園が5年ぶりに春の兵庫を制した。21日から和歌山で行われる近畿大会に出場する。エースの榊原七斗投手(3年)がセンバツ出場の東洋大姫路を寄せ付けず、完封し… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
報徳学園が5年ぶり10度目V「二刀流」榊原が投打で奮闘!東洋大姫路との名門対決制した - スポニチ Sponichi Annex 野球
 春季高校野球が各地で行われ、兵庫大会は決勝で報徳学園が東洋大姫路を破り、5年ぶり10度目の優勝を飾った。京都大会では今春の選抜を辞退した京都国際が準々決勝で敗退。選抜準優勝の近江は、立命館守山を破って滋賀大会を制した。
報徳学園が東洋大姫路を破り近畿大会出場決める エース左腕・榊原が5安打完封/春季兵庫大会
春季兵庫大会(7日、決勝、報徳学園2-0東洋大姫路、明石トーカロ)決勝が行われ、報徳学園が今春の選抜に出場した東洋大姫路を破り、21日から始まる近畿大会(和歌山…
報徳リベンジV プロ注目エース・榊原が5安打完封 元阪神・葛城コーチ就任後初歓喜/デイリースポーツ online
 「春季高校野球兵庫大会・決勝、報徳学園2-0東洋大姫路」(7日、明石トーカロ球場) 報徳学園が、昨秋の兵庫大会3回戦で敗れた東洋大姫路にリベンジを果たし、5年ぶり10度目の優勝をつかんだ。エース・榊原七斗投手(3年)が5安打完封の快投に先制V打を放つなど投打で躍動。昨年4月から指導する元阪神の葛城育郎コーチ(44)は...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント