近江と京都国際が練習試合、山田陽翔選手は5回5奪三振無失点、森下瑠大投手は登板せず

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

今年のセンバツ大会で、出場が決まっていたものの直前に複数の部員が新型コロナウイルスに感染し、出場を辞退した京都国際と、その代わりにセンバツに出場し、準優勝をした近江が練習試合を行った。

スポンサーリンク

新たな絆

練習試合はセンバツ後に近江の多賀監督が呼びかけて実現した。

近江はエースの山田陽翔投手が登板すると、5回を投げて2安打5奪三振無失点の力投を見せる。6回からはライトで出場を続け、打撃では4打数2安打を記録した。

対する京都国際は、森下瑠大投手は登板せずに4番DHで出場し、右中間への3ベースヒットなど4打数3安打を記録した。肘に炎症が残っており現在はキャッチボール程度だという。それでも6月下旬にはブルペン入りする予定で、「投げたい気持ちはあるが、今は打撃に集中したい」と話した。

社会を悲しさに陥れた新型コロナだが、それが結んだ縁とも言える。山田投手、森下投手とも今年のドラフト候補のトップクラスの選手で、特に森下投手の投球は、この夏の最注目ポイントとなりそうだ。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】近江VS京都国際はセンバツ代替出場の近江に軍配 山田陽翔「もう一度甲子園で戦えるように」
 新型コロナウイルスの集団感染で今春センバツ出場を辞退した京都国際と、同校の代替出場で準優勝した近江(滋賀)が練習試合を行い、近江が1点差で競り勝った。センバツ後、近江の多賀章仁監督が京都国際の小牧憲
「次は甲子園で」 近江VS京都国際の“友情対決” 両エースの山田と森下が健闘誓い合う - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今春の選抜大会をコロナ禍で出場辞退した京都国際と、代替出場して準優勝した近江が8日、滋賀県大津市で練習試合した。今回までは交流がなく、近江・多賀章仁監督の呼びかけで実現。試合は近江が4―3で勝った。
【高校野球】京都国際・森下瑠大、コロナ後遺症による炎症完治せず 近江との練習試合は登板回避
 新型コロナウイルスの集団感染で今春センバツ出場を辞退した京都国際と、同校の代替出場で準優勝した近江(滋賀)が練習試合を行い、近江が1点差で競り勝った。
センバツ準V近江・山田陽翔、出場辞退の京都国際・森下瑠大と練習試合で再会 熱戦も体調気遣う - 高校野球 : 日刊スポーツ
今年のセンバツで準優勝した近江(滋賀)が8日、滋賀県のマイネットスタジアム皇子山で京都国際と練習試合を行い、4-3で競り勝った。3季連続甲子園出場を決めていた… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント