夏の高校野球・兵庫大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球兵庫大会は、昨年の武庫荘総合の斉藤汰直投手や神戸国際大付の阪上翔也選手などがいたのと同じくらい注目選手が多く、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は社が優勝、神戸学院大付が準優勝、ベスト4に明石商、東洋大姫路だった。春は報徳学園が優勝し、準優勝に東洋大姫路、滝川二と社がベスト4入り。

選手層の厚い報徳学園に、安定した力を見せている東洋大姫路、社が絡む形。そこにこちらも注目選手のいる神戸国際大付も入ってきそうだ。

注目選手

神戸国際大付の楠本晴紀投手は、187cmの大型左腕投手で144キロの速球を投げる。1年時から登板をしており、プロのスカウトもかなり評価が高かった。2年秋から3年春にかけての成長の状況がわからないが、故障などがなければ全国屈指の大型左腕投手で注目される。また、内野手の山里宝選手も守備、走塁、打撃のセンスを1年時から見せていた。

実績がある中では、最速144キロの速球を投げる東洋大姫路の森健人投手、147キロの速球が自慢の芝本琳平投手、183cm86kgから143キロの速球を投げる須磨翔風の槙野時斗投手、188cm89kgの大型右腕で140キロの速球を投げる芦屋の上野優斗投手がプロ注目の好投手で、ここに報徳学園の144キロ左腕・榊原七斗投手が打撃の良さも評価されながら入ってくる。

津名高校の佐藤希興捕手は、セカンドまでの送球が1.86秒を記録、全国屈指の強肩捕手として6球団が注目している。

その他の選手

神戸国際大付は1年時に背番号10をつけていた中辻優斗投手も140キロを越す速球を投げる。2年生の高松成毅投手も入学時に多くの高校から誘いを受けた選手で、その成長が期待される。

報徳学園は右のエースで141キロを投げる正重恒太選手が、184cm94kgの右の大砲としてもプロが注目している。来年のエース候補として春に経験を積んだ盛田智矢投手、そして正捕手として榊原投手などをリードし強肩も見せている2年正捕手の堀柊那選手、50m5秒台の足をもつ岩本聖冬生選手は来年の注目選手。

社は控えの堀田柊投手、吉田和哉投手も130キロ後半を記録する。吉田選手はオリックス・吉田凌選手の弟。

明石商の金岡丈二選手は中学時から注目されている身体能力の高い選手で、制球の良いエース・常深颯太投手と、注目の2年生で182cm85kgの右腕・横山楓真投手次第で上位に食い込みそうだ。

神戸弘陵の芝颯悟選手と田中大夢投手は2年時から力のある球を投げており、小林楓依斗投手も成長をしている。1年生の春から4番を打った2年の藤本康生選手がさらに成長してくれば楽しみ。

尼崎北の藤本拓己投手は183cmの左腕投手で、長い手足から角度のあるストレートを投げ、多彩な変化球も一つ一つが素晴らしい。春は合計21回を投げて32奪三振を記録し注目されている。甲南の中翔希投手は右サイドから130キロ中盤の速球で力で押せる投手。明石清水の須藤太雅投手は和田毅投手に似た左腕投手で、球速は130キロ前半も伸びのある球を差し込んでくる。小野高校の藤本颯太投手は185cm87kgの大型左腕投手で、角度のある139キロの速球を投げ、コントロールで勝負する。長田高校の松田宰投手も力のある球を投げる。

2年生最も注目されるのは滝川二の坂井陽翔投手だろう。186cm75kgの右投手で最速は143キロ、フォークボールなどの変化球も角度があって空振りを奪える。高校3年までに160キロを目指すと話しており、来年の注目投手の1人に挙げたい。2年生では東洋大姫路の内海誠揮投手も次期エース候補として期待されている。

2022年度以降-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント