夏の高校野球・南北海道大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球南北海道大会は、苫小牧中央の斉藤優汰投手と東海大札幌の左腕・門別啓人投手が共に150キロを記録しており、ドラフト上位での指名が期待される。他にも速球派投手や野手も期待される選手が多く、ドラフト注目度はA。

スポンサーリンク

地区

昨秋の北海道大会は南からは札幌国際情報、立命館慶祥、東海大札幌がベスト8に残った。春は札幌第一が優勝し、北照が準優勝、東海大札幌、苫小牧中央がベスト4入りし、知内、札幌日大も力を見せた。

強豪の札幌第一、北照に、好投手のいる苫小牧中央や東海大札幌、知内、駒大苫小牧などが絡んきそうな激戦が予想される。

注目選手

斉藤優汰投手は189cm88kgの右腕で最速は150キロを投げるが、その球威にフォームの良さや大きさ、制球力も含めて将来性は抜群で、多くのプロ球団が注目する存在になっている。状況次第ではドラフト1位指名の可能性もありそうだ。

東海大札幌の門別啓人投手は182cm85kgの体があり、左から150キロを記録する。ただし、昨年の木村大成投手(北海→福岡ソフトバンクドラフト3位)のようにストレートの力を感じさせると言うよりは、変化球をやや多めに使って投げる好投手左腕で、粘りの投球で勝てる力がある。

同じく東海大札幌の唐川侑大捕手は、投手として投げると145キロを記録する。打撃にまだ課題があるが、持っているパワーを見ると将来は大きな当たりを打てる選手にもなりそう。外野手としてもプレーしており、身体能力を生かすなかで今後ポジションも決まってくるかもしれない。

その他の選手

斉藤、門別に続くのが室蘭栄の住吉壮野投手か。まだ本来の力を出しきれていないが、高校1年時に146キロを記録した素質は大成してほしい。大学進学も視野に成長を続ける。知内の坂本拓己投手は180cm85kgの体があり、左から148キロの速球を投げる。パワーのある投手で投球が磨かれて行けば楽しみ。知内では右腕の馬躰光瑛投手も高校2年時に142キロを記録、打撃でも中心を打つ選手。

北照は184cm86kgから抜群の制球力を見せる上川貴之投手、俊足外野手で投げても145キロを記録する中鉢大喬選手、185cm95kgの左の大砲・西浦真平選手と178cm85kgの右の大砲・今枝優真選手などタレントが揃う。

札幌日大は昨年から注目されている久保田陽喜選手も高い身体能力があり、俊足とパワーのある打撃、内野手としての守備も評価されている。前川周也選手は185cm90kgの大型スラッガーで、逆方向にもホームランを打てる。昨年のエースだった前川佳央投手の弟。宮武星史郎投手も140キロの球を投げる。

北星学園大付は145キロの速球を投げる右腕投手で長打力もある斉藤主眞選手と、遊撃手として齋藤尋斗選手も長打力が伸びている。180cm84kgのスラッガー・若山空蒼選手も注目したい。

春優勝の札幌第一は主将でエースで4番の田中佑弥選手を中心に、強打の捕手・疋田悠真選手や父が監督の菊池一選手など、強打者が並ぶ。

苫小牧中央は斉藤投手の他にも変速フォームの新海翔投手、安定した投球をする西村隆星投手がおり、187cmのスラッガー・吉田翔馬選手も見てみたい。

札幌大谷は左腕の森谷大誠投手が147キロを記録し、2年生捕手の佐々木涼斗選手は門別投手からホームランを放つなど長打力があり、来年が注目される。三浦蔵大投手もコントロールの良い投手だという。

北海高校は昨年に木村投手をリードしていた井尻琉斗捕手や、昨年に木村投手の後継者として期待された吉田陽向投手、守備と打撃の技術が評価されている小原海月選手などが注目される。

駒大苫小牧の伊藤駿哉投手は179cm86kgの体があり、先輩の伊藤大海投手からアドバイスを受けたというしなやかな腕の振りの投球を見せる。北海道栄の浜中拓投手は180cmから130キロ後半の速球を投げ、昨夏もエースとして活躍した函館大有斗の石岡流音投手も140キロを越す球を投げる。苫小牧工の長船拓夢投手は181cm95kgの体があるが制球力を生かした投球が持ち味。立命館慶祥の杉本晃野投手も2年秋に130キロ中盤を記録している。春にノーヒットノーランを記録した函館工の五十嵐諒真投手も135キロを記録する。

札幌南の遊撃手・水野敬太選手もセンスの良さを見せる。鵡川の木川幹太選手は昨年夏、秋は手が付けられないくらいの打撃で長打力がある。札幌国際情報の佐藤大和選手は1年時から出場しており、逆方向にも強い打球を打てる選手。

2022年度以降-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント