甲南の右サイドハンド・中翔希投手が9回途中に降板も勝利

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球兵庫大会が開幕し、甲南で右サイドハンドから130キロ中盤の速球を投げる中翔希投手が好投した。

スポンサーリンク

8回に足をつって降板

中翔希投手は春季大会の関西学院戦で好投するなど、右サイドからの130キロ中盤の速球と、大きく曲がるカーブ、そして小さくストライクゾーンに収まる球を投げる投手で、兵庫県の好投手の1人に名前が挙げられる。

この日は明石北を相手に、8回まで3安打無失点に抑えていたが、8回の登板に向けた投球練習中に右ふくらはぎをつると、8回は3者凡退に抑えたものの、9回には両足がつった。1アウト1、2塁からタイムリー2ベースヒットを浴びて降板したものの、チームは4−2で逃げ切り勝利を手にした。

「完封したくて、無理矢理にでもいきたかったですがダメでした。」と話す中投手だが、「最後の夏の大会になるので、楽しむのを大事にしていた。打てるもんなら打ってみろという気持ちで投げていました。」と話した。

昨年秋はチームが新型コロナの影響により、ブロック代表決定戦で辞退を余儀なくされた。中投手は「チームとして甲子園に出ることが目標。一つでも多く勝っていきたい」と話した。

夏の高校野球・兵庫大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球兵庫大会は、昨年の武庫荘総合の斉藤汰直投手や神戸国際大付の阪上翔也選手などがいたのと同じくらい注目選手が多く、ドラフト注目度はB。
2022年度以降-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
兵庫大会史上最速開幕!甲南“一番星” エース・中 両足つりながら8回1/3を2失点熱投 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第104回全国高校野球選手権大会(8月6日から14日間、甲子園)の出場校を決める地方大会は25日、兵庫大会が開幕するなど各地で計14試合が行われた。兵庫では甲南が明石北を振り切り、史上最速の開幕星を飾った。

8回まで明石北の1番・長妙大悟(2年)に3安打を打たれた以外は、走者を許さなかった。8回の投球練習中に右ふくらはぎをつったが、それでも続投を志願して3者凡退に抑えた。9回には中の気迫に打線が応え、リードは4点に。9回途中に左足もつってしまい、1死一、二塁から適時二塁打を浴びて降板となったが、エースの役割は全うした。

甲南が兵庫史上最速で勝ち名乗り エース中翔希力投で初の6月第4土曜「開幕試合」制す/兵庫 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
甲南が兵庫史上最速で勝ち名乗りを上げた。過密日程を避けるため、初めて6月第4土曜に開幕。直後に行われた「開幕試合」で明石北を接戦の末に下した。甲南のエース中翔… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
開幕試合は甲南が明石北に勝利 エース・中が両足をつりながらも2失点の熱投/兵庫大会
第104回全国高校野球選手権大会兵庫大会(25日、甲南4-2明石北)開幕試合が行われ、甲南が明石北に4-2と下し、開幕星。エース・中翔希投手(3年)が両足をつり…
【兵庫】甲南が近畿一番星 エース・中翔希の好投で史上最も早い開幕戦制す
 史上最も早い開幕となった兵庫大会で、甲南が一番星を挙げた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント