夏の高校野球・宮城大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球宮城大会、昨夏はまさかの4回戦敗退、秋もセンバツ出場も逃した仙台育英だが、やはり全国屈指の選手層を誇る。打倒仙台育英として東北高なども好選手がおり、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は仙台育英が優勝、東北高が準優勝、4強に利府と聖和学園が入った。春も仙台育英が優勝し、準優勝に東北と秋と変わらず、4強は古川学園と東陵の強豪が入った。

仙台育英が再び甲子園出場の連続記録を作り始めるか、それを阻止すべく復活してきた東北高校が壁を突破するか。他にも古川学園が戦力を整え優勝を目指している。

注目選手

東北高の伊藤千浩選手が注目を集めてきた。187cm83kgの右のスラッガーとして元々注目されていたが、秋から本格的に投手を始めると、長身からの142キロの速球で春はプロのスカウトも注目する投球を見せた。185cm83kgの体で142キロの速球を投げる2年生のハッブス大起投手が結果を出せていないがポテンシャルは高く、2年連続のプロ野球選手の誕生も可能性がある。

仙台育英は140キロを超す球を投げる投手が10人いる。その中で左腕の古川翼投手は1年の時から安定感があり登板機会が多かった。173cm74kgと上背が無く、将来性の点でなかなか名前が挙がってこないが、145キロのストレートと鋭い変化球は大学でも1年目から活躍できそうな雰囲気がある。

左腕では斎藤蓉投手も144キロのストレートを投げ、2年生の仁田陽翔投手もスリークォーターから145キロの速球を投げ、威力は古川投手に匹敵する。

右腕では183cmの長身右腕・鈴木晶太投手が、その腕の振りや143キロの球の質も良く、春に登板機会を増やした。2年生の183cm右腕・高橋煌稀投手はがっしりした体から143キロの球を投げる。

その他の選手

仙台育英の140キロ超投手では、左腕の小林寛大投手が制球力も良い左腕、渋谷翔投手が167cmだが143キロを記録、福田虎太郎投手も172cmの右腕で140キロ台を記録する。2年生でも左腕の田中優飛投手が143キロ、右腕の山田脩也投手が144キロを記録する。

投手だけでなく野手でも岡田大成選手が184cm83kgの左打者で、広角にヒットを打って打率の高い選手。秋元響選手も170cmの二塁手でこちらも打率が高い。藤井一太選手が50m6.0秒の俊足が持ち味。2年生では山田選手はショートとしても強肩が光り、齋藤敏哉選手は181cm85kgの左のスラッガーで中学時代から飛ばし屋と注目され、齋藤陽選手は50m5.9秒の足と広角にヒットを量産する技術が評価されている。

東北高校は伊藤投手、ハップス投手ともう1人、小倉勝貴投手も180cm79kgの右腕投手で130キロ後半の力のある球を投げる。阿部琥珀選手など打線の奮起によって甲子園をつかみたい。

古川学園の三浦龍政投手は、168cmと上背はないものの143キロの速球はフォームのダイナミックさと相まって早く感じる。2年生の今野一成投手も球威のある右腕投手で、4番の青沼勇心選手は県屈指の左のスラッガーとして注目される。

大崎中央は左腕の加藤裕太投手が140キロの速球と縦に大きく割れる変化球を投げ三振を奪う。168cmと小柄だがパンチ力と俊足が魅力の中野龍選手と2人が注目される。

聖和学園の阿部航大投手はストレートで空振りが奪える球質の持ち主で、伸びのあるストレートで見逃し三振を奪うのが持ち味。日本ウェルネス宮城の早坂海思選手は投手として実績が十分、4番バッターとしてもチームの中心選手で投打に能力が高い。

利府の万城目琳久選手は昨秋に広角にヒットを打つ技術を見せた。東陵の佐々木琉斗選手は捕手としてもチームの中心だが、逆方向にも長打の出る打撃が評価されている。柴田高の菅野結生選手は2年春のセンバツで4番で出場し2安打を記録、チャンスに強く打点の多い選手。

2022年度以降-高校生-宮城県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント