神戸国際大付の1年・津嘉山憲志郎投手が好投で辛勝、御影は奥居瑞樹投手が好投

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

兵庫大会では、昨年の覇者の神戸国際大付が2日目に登場し、御影と対戦をしたが、3−1と終盤まで勝敗がわからない接戦となった。

スポンサーリンク

1年生投手が締める

試合は3回に神戸国際大付が2点を奪ってリードしたものの、御影の191cm右腕で最速140キロの速球を投げる奥居瑞樹投手の好投が光っていた。7回に御影が1点を返すと勢い付いた。

しかし7回の裏、神戸国際大付の山里宝選手の痛烈な打球が柵越えし3−1とすると8回からは1年生の津嘉山憲志郎投手が登板する。津嘉山投手は1年生の右腕投手で、中学時は軟式で146キロを記録し、神戸国際大付に入学するまでに硬式で投げると148キロを記録したというスーパー1年生。

この日はその力を発揮し、力強いストレートと、やや低い位置から出る変化球が大きくクロスして右打者の外角で空振りを奪った。8回に2三振を奪うと9回はクリンナップを三者三振に仕留め、接戦にピリオドをうった。

沖縄県の美東中出身で、既に甲子園でも登板をしている星稜のマーガード真偉輝投手の後輩となる。マーガード選手が今年が最後の甲子園となる中で「今年の夏、マーガードさんと甲子園で戦って勝ちたい」と話す。

神戸国際大付は大型左腕の楠本晴紀投手が注目されるが、津嘉山投手やこの日、鋭いスイングを見せた山里選手など注目選手が多い。

この日敗れた御影は初戦敗退となったが、奥居投手も素晴らしい投手だった。今後も野球を続けるということで、191cm右腕はどこかのグラウンドで見ることになりそうだ。

神戸国際大付属高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・兵庫大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球兵庫大会は、昨年の武庫荘総合の斉藤汰直投手や神戸国際大付の阪上翔也選手などがいたのと同じくらい注目選手が多く、ドラフト注目度はB。
昨夏兵庫覇者・神戸国際大付が2回戦へ 1年生右腕・津嘉山憲志郎が公式戦2回5Kデビュー - スポニチ Sponichi Annex 野球
 昨夏兵庫大会覇者の神戸国際大付が大会2日目で早くも登場し、接戦となった夏初戦を制して2回戦に進んだ。1年生右腕で背番号20の津嘉山憲志郎が3―1の8回から救援し公式戦デビュー。2回を無安打無失点で5三振を奪う快投だった。

早くも風格を漂わせる沖縄出身の1年生は最初の8回に2三振を奪うと、圧巻は9回。クリーンアップを3者連続三振に仕留めて試合を締め、7回に1点を返し勢いづいた御影打線の息の根を止めた。中学時代は軟式で146キロ、入学までに硬式球で148キロを計測した大型右腕が、文句なしの結果で初登板を飾った。

神戸国際大付・スーパー1年生津嘉山 堂々2回5K 公式戦初登板「緊張しなかった」/デイリースポーツ online
 「高校野球兵庫大会・1回戦、神戸国際大付3-1御影」(26日、ベイコム野球場) 兵庫大会は1回戦3試合が行われ、昨夏甲子園8強の神戸国際大付が御影との接戦を制して2回戦へ進出した。最速148キロのスーパー1年生右腕・津嘉山憲志郎投手が、公式戦初登板で2回を無安打無失点、5奪三振の快投。連覇を狙うチームに頼もしい男が加...
神戸国際大付が初戦突破 山里宝が千金弾、1年生右腕・津嘉山憲志郎2回5K快投締め/兵庫 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
昨夏の甲子園8強校の神戸国際大付が御影との接戦を制し、初戦を突破した。1点差に迫られた直後の7回裏、2死無走者で先頭の山里宝内野手(3年)が左翼スタンドにアー… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【兵庫】昨夏甲子園8強の神戸国際大付が初戦突破 沖縄出身の1年生右腕・津嘉山憲志郎が圧巻デビュー
 昨夏甲子園8強の神戸国際大付が御影を破り、2回戦に進出した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント