夏の高校野球・青森大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球青森大会、昨年は大型や速球派投手が多かったが、今年は現時点で特に多くの球団から注目されるような選手は見受けられず、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は青森山田が優勝したがセンバツには出場できなかった。準優勝は八戸工大一、4強に弘前南と東奥義塾。

春も青森山田が連覇し、準優勝は弘前学院聖愛、4強に八戸工大一と八戸学院光星が入った。

青森山田が実績十分で、常に力を出している八戸工大一、そしてチームを整えてきた八戸学院光星が優勝候補か。そこに弘前学院聖愛が食い込んでくるか。

注目選手

東奥義塾の中田歩夢選手は、強肩遊撃手として注目され、打撃も非常に強いスイングをする。そして投手として登板すると最速148キロを記録し、県NO.1の球速を見せる。172cm76kgと体は大きくないが体のパワーは非常にある選手。

八戸学院光星の洗平歩人選手は、父が元プロ野球選手で、180cmの上背から最速144キロの速球を投げ、成長を続けている。弟の洗平比呂投手も1年生で入学し、こちらは父と同じ左腕投手で球速も出ている。

2年生では弘前工の成田晴風投手が、185cm81kgから最速142キロを記録するストレートを投げるが、角度や質がよく、春は青森山田を5回までノーヒットに抑えた力がある。来年が楽しみな投手。

その他の選手

八戸学院光星は4番の野呂洋翔選手が180cm83kgと体もあり、高校通算15本以上の本塁打を放っている。1番の佐藤航太選手も183cmの長身で俊足が光る選手。2年生の中澤恒貴選手も体のある選手で、走攻守三拍子揃った選手。

青森山田は左腕の木村虎鉄投手が130キロ後半の速球をコントロールよく投げ、しっかりと抑える安定感がある。同じ左の堀内友輔投手は技巧派で、チェンジアップなどゆるいたまを打たせて取ることが心情の投手。巧みな打撃が評判の森川大輝選手など攻撃陣が力を見せたい。

八戸工大一も選手がそろっている。広野風雅投手は柔らかいフォームから141キロの速球を投げ、スライダーも抜群。昨秋は東北大会で151球を投げて2失点完投勝利を挙げるなどスタミナもある。捕手の葛西凛選手も、二塁まで1.9秒台の送球が光り、高校通算18本をこす長打力のある選手。4番を打つ舘宥丞選手もシャープなスイングをするスラッガーで、砂頼人選手はショートの守備力に定評がある。

弘前学院聖愛の葛西倖生投手は、173cm70kgと体は大きくないが、145キロの力強いたまを投げる投手。ストレートと変化球で打たせて取る津川凱投手や、長打力もある1番打者の丸岡昂太郎選手も注目される。

東奥義塾は角田楓斗投手が140キロ台のストレートを投げ、打撃でもチームの中心の一人。後藤天満捕手がリードに定評があり、緩急をつけて相手を討ち取っていく。

八戸西は椛木聡斗投手が140キロ近いストレートを投げ、今年も好投手として注目される。青森商の塩谷亮平選手は2年時からエースで4番としてチームを引っ張っている選手。

2022年度以降-高校生-青森県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント