夏の高校野球・秋田大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球秋田大会、昨年は明桜の風間投手が注目され、ライバルとなる投手もいた。今年はそこまで注目されそうな選手はいないものの、全体的に楽しみな選手が多く、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は能代松陽が優勝し、大館桂桜が準優勝、4強に大館鳳鳴、大曲工業が入った。

春は秋田商が優勝し明桜が準優勝、本荘と大曲農業が4強と、秋と勢力が入れ替わった。

実績のある秋田商、明桜が優勝候補だが、好投手のいる能代松陽に、本荘、大館桂桜、横手、大曲農など多くのチームが可能性がある展開になりそうだ。

注目選手

本荘の阿部流音選手はストレートが147キロを記録し、この春に成長をしてきた投手。足もあり身体能力の高さも評価される。明桜は左の野中天翔投手がダイナミックなフォームから145キロを記録し、エースだった風間投手の後を継いでいる。

秋田商の菅原凛投手は、180cm83kgの右腕投手で130キロ後半のストレートとマウンドさばきにセンスを感じさせ、また打撃でも天性の長打力がある。

その他の選手

秋田商は1番バッターの熊谷豪大選手がパンチ力もあり足も魅力の選手。2年生右腕の松橋星羅投手や齊藤友紀捕手も成長をし、春優勝の立役者となった。

大曲工は173cm75kgの石山伶偉投手がしなやかな腕の振りから143キロの速球を投げ、長淵星河投手は177cm71kgの体で140キロの速球を投げる。昨年も登板しており実績も十分。

横手の佐藤陽永投手は178cm68kgの右腕投手で130キロ後半を記録、巨人・菅野投手のように制球力を重視した丁寧なフォームも特徴。1番打者の佐々木夏向選手は179cm82kgと体があるが、つなぎの打撃もみせれば長打力もある。

大曲農の竹村凌平投手は中学時に軟式の全中で全国3位になった実績のある左腕投手。打撃でも中心打者でチームを引っ張る。高橋丞選手は1番打者だが春季大会で2打席連続ホームランを放つなど一発が魅力。

大館鳳鳴の木村拳士投手は177cm76kgの左腕投手で緩急を使う投球が持ち味だが、ストレートとスライダーの質が上がってきた。力強い打撃を見せる熊谷駿希選手が打線の中心。

金足農は半田嘉那斗投手が140キロの球を投げ、今年も良い投手を育てている。能代松陽の三浦凌輔投手も174cmの右投手で130キロ後半のストレートで押す投球を見せる。秋田中央の土田温人投手も140キロを超す速球を投げ、150キロを目指している。

大館桂桜の福田春輝投手は最速142キロ、強気な攻めのピッチングで相手打線を苦しめる。秋田南の塚田将正投手は186cm95kgの大型右腕投手で、やや横から130キロ後半の速球と変化球を織り交ぜる投球をする。湯沢翔北の武藤栄昇投手は181cm71kgの身長があり、回転の良いストレートで空振りを奪える。

 

本荘は村上結兜選手も左から130キロ中盤を記録するが、50m6.0秒の足に長打力など二刀流で活躍をする。明桜の石田恋選手は春季大会で2打歴連続ホームランを放つなど長打力に磨きがかかった。十和田の菩提野春樹投手は178cm83kgとしっかりした体があり、球威のある重い球を投げ込んでくる。

2022年度以降-高校生-秋田県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント