夏の高校野球・群馬大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球群馬大会、投手だけでなく野手にもプロ注目の選手がそろう。ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は桐生第一が優勝し健大高崎が準優勝、4強に前橋翔と関東学園大付が入った。

春は前橋育英が優勝し健大高崎が準優勝、桐生第一と利根商が4強に入っている。

健大高崎、前橋育英、桐生第一の強豪私学に、利根商業、関東学園大付などが優勝争いに絡みそうだ。

注目選手

桐生第一の三塚琉生選手は、182cm88kgの大型外野手で、高校通算は29本塁打のパンチ力、投手としても144キロを記録する強肩があり、複数の球団のスカウトが注目している。北村流音投手は昨秋に疲労骨折、今年春も左足首を痛め、本来の投球ができていないが、昨年秋の故障前は関東NO.1の呼び声もあった。146キロの速球は魅力がある。

健大高崎の清水叶人捕手は、二塁までの送球が1.78秒を記録し、高校通算22本塁打とパンチ力も魅力。こちらもプロスカウト注目で、プロ志望をすれば指名がありそうだ。

前橋育英の生方碧莞投手は、180cm87kgの堂々とした体格で140キロを記録するストレートを投げる。春の決勝戦では健大高崎を相手に170球を投げて11奪三振1失点完投勝利とスタミナもあり、この夏に一気にブレークしそうだ。

利根商の内田湘大選手は183cm90kgの体があり、投手として146キロを記録する。長打力も抜群で高校通算は31本塁打を数え、プロのスカウトも注目している。

その他の選手

前橋育英は岡田啓吾選手が高校通算15本を超すホームランを放つ左の大砲だが、50m6.0秒の足もある。横倉拓実選手も166cmと小柄で50m6.0秒の俊足だがホームランを打てる力がある。2年生の小田島泰成選手も同じタイムを記録しており足で攻撃を仕掛ける。2年生の岩崎鈴音投手は時期エース候補として力強いストレートを見せている。

健大高崎は右サイドスローの芹沢一晃投手も低めに集める投球で安定感がある。180cm83kgの山田琉衣選手、2年生の佐藤志龍選手、1年生で180cm95kgの森山竜之輔選手が並ぶ破壊力ある打線があり、182cm79kgの1年生の大型遊撃手・田中陽翔選手も期待されている。

関東学園大付はエースの堀越蒼空投手が178cm77kgから144キロの速球を投げ、141キロ右腕の馬場聖翔投手、138キロ左腕の須藤拓也投手と、例年同様に好投手が複数人いる。そして184cm82kgの大型遊撃手・栗本慎之介選手も10本以上のホームランを放っており、夏に大きく注目されるかもしれない。

樹徳の亀井颯玖投手は172cm70kgの右腕投手で、144キロを記録する速球派。中学時代から活躍している投手。館林高の宮村一樹投手は140キロのストレートの威力十分。利根商は高橋輝投手も141キロの速球を投げる。市立太田の荒井颯太投手は130キロ後半の速球を投げる左腕投手でバランスの良いフォームに将来性がある。伊勢崎清明の2年生左腕・伊藤颯磨投手は130キロ中盤のストレートの切れ味十分。

太田高の阿部圭汰選手は1番バッターで巧みな打撃と足が使える好選手。常磐高の神崎秀朋選手も大型遊撃手として期待されている。桐生第一の2年生・田屋ジャンマーク駿選手は練習試合で3打席連続ホームランを放っった力がある。

2022年度以降-高校生-群馬県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント