夏の高校野球・栃木大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球栃木大会、強豪私学を中心に例年、ドラフト候補として注目される選手が出てくる栃木県だが、今年は現時点でプロという選手は見られず、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は白鴎大足利が優勝し文星芸大付が準優勝、高根沢と宇都宮南が4強に入った。春は作新学院が優勝し、準優勝に佐野日大、栃木工業と青藍泰斗が4強に入った。

作新学院、佐野日大といった所が戦力を整えてきており優勝候補となる。国学院栃木、青藍泰斗の強豪私学に栃木工、小山などがどのように戦っていけるか。

注目選手

国学院栃木の2年生・盛永智也投手は、180cm77kgの右腕投手で中学時から144キロの速球を投げていた。1年生だった昨年は腰や肘に故障を抱えていたが、ゆっくりと状態を上げてきており、登板したら注目したい。

作新学院の1年生・小川哲平投手も中学時から注目されていた選手で、今年春に高校野球にデビューすると、183cm85kgの体から144キロの速球を見せ、モノの違いを感じさせた。失点する場面もあり、高校野球のレベルの高さを感じたこともあるだろう。3年時になった時にはドラフト1位候補として注目されそうだ。

その他の選手

作新学院は選手層が厚くなってきた。菊地脩斗選手は144キロを記録する投手で強肩の外野手として注目され、春の練習試合ではホームランを放つなどc173cm70kgと体は大きくないが秘めたパワーがある。左腕投手の横尾潤投手は168cmと小柄だが、141キロのストレートとスライダーを武器に春に21回を投げて26奪三振を記録している。2年生の齋藤稜介選手、1年生の廣田瑠稀哉選手も注目されており、成長を期待したい。

佐野日大は丸山詩温選手の長打力が注目され、逆方向にもキレイに運んでいく。高い打率も残している。腰塚孔明選手も逆方向に運べる選手で、ともに体が大きいというわけではないが、素晴らしい素質をもっている。182cmの鈴木空投手は佐々木朗希投手のようなダイナミックなフォームから力強いストレートを投げ、上杉隼大投手も最速が130キロ後半を記録し力強くなっている。

足利工大付の小林央典投手は、179cm77kgmの左腕投手で130キロ後半のストレートが非常に魅力、プロ複数球団のスカウトが注目している。国学院栃木は中川眞乃介投手が185cmの長身から力強いストレートを投げる投手で、春は故障をしていたが夏に復帰したら見たい選手。白鴎大足利の斎藤祥太投手は180cm78kgの本格派投手。打撃でもチームの中心選手となっている。

小山高の大澤奏次郎投手は164cmの小柄の左腕投手だが、昨秋にノーヒットノーランを達成するなどキレの良いストレートとチェンジアップは他校の脅威となる。小山西の菊池修蔵投手は173cm78kgの右腕投手で140キロを記録するストレートで三振を奪う。宇都宮南の石崎蒼真投手が昨秋に白鴎大足利戦で1週間に497球をを投げながら安定した投球を見せた。

宇都宮短大付の中村拓馬投手は171cmの投手で高めに伸びてくるストレートと縦に割れる変化球が持ち味。栃木工の赤羽根陽向投手は右の技巧派投手で春に文星芸大付を完封した。茂木高の檜山匠海投手は、左からキレの良い球を投げる投手で公立の星。

青藍泰斗の石川蒼選手は俊足の1番打者で、広い守備範囲を見せる外野手。打撃でも打率が高く、注目の選手の一人。

2022年度以降-高校生-栃木県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント