夏の高校野球・富山大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球富山大会、好投手、好捕手など楽しみな選手が多く、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は富山第一が優勝、高岡商が準優勝。4強に氷見と富山商。春は高岡商が優勝し、富山第一が準優勝。氷見と富山商が4強に入った。

高岡商、富山第一、氷見、富山商が4強となる。

注目選手

投手では富山第一の小林路春投手が184cm80kgの右腕で、少し低い位置から投げられる143キロの速球とスライダーが抜群にキレる。三振を積み重ねられる投手。高岡商の川尻啓人投手は185cm80kgの右腕で、球速も140キロを出してきた。大型右腕で将来が期待される。高岡第一の小西航太投手は177cmの右腕投手だが、小さなテイクバックから伸びてくる130キロ後半の速球を投げる。

野手では高岡商の近藤祐星捕手が、セカンドまで1.9秒台の送球で注目されていたが、打撃でも非常に成長し中心選手になった。プロのスカウトも注目をしている。

また、高岡商の2年生・横江壱吹投手は、180cm80kgの左腕投手でそのきれいなフォームと惚れ惚れするストレート、スライダーの切れ味は、現時点でも富山NO.1投手と呼び声がある。来年のドラフト注目選手になりそうだ。

その他の選手

高岡商は注目の3人の他に、桑名勝投手が右のサイドハンドから粘り強くコーナーに投げ続ける投球ができ、小林投手が不調な時は先発の柱となれる。

氷見は強肩で俊足の橋歩睦選手が1番打者として打線をリードし、2年生の主砲・青野拓海選手が180cm80kgの体から特大のホームランを放つ。また投手としても140キロの速球を投げ、この春は5回2安打11奪三振の好投も見せた。

富山商は前田隼弥選手が、169cm69kgの右腕投手だがスタミナ十分で力のある球を投げ、打っても確実性の高い打撃でチームの中心選手となっている。二塁まで1.85秒を記録するフットワークの良い高田銀士捕手も注目される。

高岡第一は強肩俊足の外野手で144キロも記録するという北野大和選手、そして2年生ながら富山県NO.1遊撃手と守備が評価される伊東拓海選手も楽しみ。

砺波工の高田清哉投手は、184cm73kgの長身左腕投手で、キレの良い球を投げる。球速が出てくれば面白い。正確な送球で強肩の中勝魁星捕手も注目。

高朋高は県屈指の強肩捕手・佐野翔大選手の他に、2年生のトリオとして俊足の・北山颯人選手、1年時からショートを守る田中尭矢選手、186cm77kgの長身右腕の木崎琉星選手が中心となっている。

新川高の宮地優翔選手も強肩捕手として数えられ、180cmの遊撃手・廣田篤郎選手はスタンドまで伸びていく打球に定評がある。オーバースローに転向して球威が増した石山斗揮投手など楽しみな選手がそろう。

南砺福野高の辻哲生投手は186cmの大型右腕投手で、ダイナミックなフォームで柔らかい腕の振りから130キロ後半の球を投げる。富山工の多賀貫太投手も腕の振りが良い左腕投手で、昨年春に高岡商から13三振を奪う投球を見せた。高岡高の岩上倫也投手もエースとして2年生の春から好投をしている。

石動高の四ツ島響投手は低めに集めて打たせて取り、粘りの投球で春に高岡商を9回3失点に抑える好投を見せた。富山高専の山崎壮一朗投手はストレートに威力があり、昨年春に石動戦で好投するなど、強豪との対決が楽しみな投手。

未来富山の山岡孔明捕手は鋭い送球を見せる強肩、2年時から正捕手として経験を積んでいる。大久保大侍選手も110kgの右のスラッガーでフルスイングをする。小杉高の城山旺雅選手は1年生から4番を打ち、チャンスに強い打撃を見せている。

2022年度以降-高校生-富山県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント