夏の高校野球・三重大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球三重大会、3年生、2年生に将来の楽しみな大型選手も多く、140キロ中盤を記録する投手も多い。ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は三重高校が優勝し、津商が準優勝。4強に海星と津田学園が入った。

春は津商が優勝し津田学園が準優勝、白山と菰野が4強に入っている。

菰野、海星、三重、津田学園などの強豪がいる中で、津商業が戦力が整っており優勝候補として注目される。

注目選手

投手では三重高の谷公希投手が181cm76kgの右腕投手で最速144キロを記録、昨年は143キロ右腕の上山颯太投手の控えだったが、投球フォームやストレートの角度などがあり将来が楽しみな投手。

津商業の中西凌大投手も成長している。183cm82kgの立派な体格から140キロ後半の球を投げるようになり、5球団のスカウトが注目している。菰野高校の杉浦陸斗投手も144キロのキレの良いストレートに多彩な変化球を投げる。

野手では津商業の牧戸結都選手が、50m5秒台の足とヒットを打てる打撃、遊撃手としての守備などの評価が高く、プロのスカウトも注目している。

2年生では高田高の中山勝暁投手が最速145キロの速球を投げ、この春に最も評価された投手となった。

その他の選手

津田学園は昨年から注目されていたスラッガーの神田剛志選手が、高校通算20本塁打を打っている選手で、足や肩も評価されている。捕手の加藤圭悟選手も体のある選手で強肩、2年生で4番を打つ岡田龍之介選手はパワーのある打撃が魅力。右サイドスローから138キロの球を投げる越智晴也投手、2年生で141キロの速球を投げる伊達翔成投手など選手層が厚い。

いなべ総合は後藤真之介投手が192cm89kgの超大型右腕で、最速は140キロの速球を投げる。実績などがまだなく未完の大器としてこの夏の投球が注目される。遊撃手で屈指の選手と評価される山田康介選手は、故障もあり外野でも出場しているが、走攻守に注目したい。

津商業は古田宏紀投手が左のスリークォーターから135キロのキレの良い球を投げる。明野の冨安奏等投手は197cm102kgmという大きな体の左腕投手で、その体をしっかりと使った投球ができるようになれば非常に魅力的。四日市中央工の津波英太郎投手も180cm76kgの体から143キロの速球を投げ、昨年も登板が多く実績を積んでいる。

白山の山中惇投手は177cm72kgの右腕で最速144キロを記録、スタミナも定評がある。四日市工の石田琳太朗投手は183cm78kgの右腕で、サイドスローから伸びのある球を投げる。津西の乾光稀投手は進学校のエースだが140キロを記録する球を投げ、相可の山口椋太郎投手は故障が気になるが138キロの速球を投げる。

三重高の安池重暢選手は189cm86kgの体格から抜群のインパクトのある打球を飛ばし、走塁も良い選手。神村学園伊賀の山田大和選手は高校通算14本塁打のパンチ力に、いろいろなポジションを守れる運動能力の高い選手。鈴鹿高の山﨑颯一朗選手が182cm78kgのスラッガーで高校通算15本塁打、50m6.0秒も足もある選手。

宇治山田商の中川圭太選手は菰野の杉浦投手からホームランを放った一発の魅力があり、山口唯我選手は50m6.0秒の足と強肩でいろいろなポジションを守れる選手。稲生高の平子大雅選手は投打に注目され、高校通算6本目のホームランを放った。桑名工の森翔太郎選手も走攻守でチームを支える選手。

松阪翔は2年生の前川瑛太選手が190cmの大型選手で、投手として角度のある球が魅力で、野手としてもスタンドに軽々と運ぶパワーがある。1年生の米満悠真選手も春の1回戦にいきなりホームランを放ちデビューした。菰野の2年生・高岡拳也投手も角度の良い球を投げており注目されている。

2022年度以降-高校生-三重県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント