夏の高校野球・石川大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球石川大会、星稜、日本航空石川、小松大谷など毎年のようにプロ注目選手を輩出するチームに今年も注目選手がいる。ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は星稜が優勝し小松大谷が準優勝、鵬学園と遊学館が4強に入った。

春は日本航空石川が優勝し金沢が準優勝、星稜と小松大谷が4強に入っている。

星稜と日本航空石川を中心に小松大谷が対抗となり、金沢、鵬学園、遊学館などがからんでの優勝争いとなりそうだ。

注目選手

日本航空石川の内藤鵬選手は186cm90kgの右のスラッガーで、ただホームランを打つだけではなく、投球の見逃し方など打撃の技術は高校生スラッガーの中で頭一つ抜けている印象。DeNAの牧選手のような感じになりそうで、打撃だけみれば即戦力と見ても良いかもしれない。

投手では同じく日本航空石川の大久保真夢投手が178cm83kgの右腕で最速145キロを記録、スライダーもキレも鋭い投手で将来が楽しみ。マーガード真偉輝投手も186cm90kgの体から140キロをこす球をなげている。1年時から登板し注目されていたが、その時の成長のイメージからするともう少しの印象だが、センバツではスライダーなど変化球を巧みに操る投球を見せ、スカウトを感心させた。まだまだ今後伸びそうな選手だ。

星稜の2年生・武内涼太投手は183cmの本格派右腕投手で、143キロのストレートはまだまだ伸びそうだ。1年生の左腕・佐宗翼投手も中学時から注目された選手で、130キロ中盤の速球はバットに当たらない。

その他の選手

金沢高校は180cmの左腕・米沢友翔投手が143キロの速球を投げ、球速以上に伸びてくる。本川大晟投手もしっかりと腕を振って投げる130キロ中盤の速球は威力がある。1番バッターの能美省吾選手は鋭いスイングで強打の選手で、中軸の中川雄斗選手は185cm85kgの右のスラッガー、北戸丈博選手も思いきりの良さと丁寧さを備えた打撃で確実に打点を挙げる。

小松大谷はエース・南彰栄投手が139キロの伸びのある球を投げ、169cmの左腕・岩野凌太投手が141キロの速球を、2年生の竹島来晟投手も141キロの速球を投げる。1番打者の中谷槙吾選手は170cm70kgだがホームランを放つ力があり、中軸の北村怜士選手、吉田創登選手は中長距離の打撃でチャンスに強い。

星稜は強肩の佐々木優太捕手や、165cmと小柄だが中軸を務める角谷飛雅選手が勝負強い打撃を見せる。2年生の右腕・斉賀壱成投手、左腕・中山敦投手もそれぞれ130キロ中盤を記録し特徴のある投手で、2年生捕手の近藤真亜久選手は183cmの大型捕手として期待を集める。

鵬学園の野崎勇一郎投手は130キロ中盤の速球と緩急をつけた投球が持ち味で、球数が少なく完投する。180cm80kgの主砲・浜谷琉空選手は高い打率を残す確実性のある打撃が魅力。

金沢龍谷は181cmの左腕・安藤颯波投手が130キロ中盤の速球をコーナーに投げ、外野手の平田慶匠選手も130キロの球を投げる。

金沢二水の高木拓朗投手は、180cm83kgの右腕投手で130キロ後半の速球を投げる本格派。打力も注目される。金沢商の小橋拓己投手も181cm71kgの右腕で、スライダーの切れ味が抜群。金沢学院の中村太一投手は181cmの長身だがやや横から緩急をつけた投球を見せる。

遊学館の架谷岳選手は投手として投げてもセンスの良さを見せるが、180cmの右の打者でホームランを打てる打撃も注目される。小松工の土田航大選手は俊足と強肩の選手で身体能力が注目される。

2022年度以降-高校生-石川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント