夏の高校野球・千葉大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球千葉大会、今年のドラフト会議で上位指名されそうな選手はいないものの、将来が非常に楽しみな選手がものすごく多い。ドラフト注目度はB

スポンサーリンク

地区

昨秋は木更津総合が優勝し拓大紅陵が準優勝、4強に八千代松陰と市原中央が入った。

今春は市立船橋が優勝し銚子商が準優勝、木更津総合と拓大紅陵が4強に入っている。

戦力としては木更津総合の選手層が厚く優勝候補の筆頭となるが、銚子商や拓大紅陵、八千代松陰、専大松戸、習志野、市立船橋、東海大浦安や、市原中央、中央学院、東京学館など、とにかくどこが上位に進出してくるかわからないし、どこが木更津総合を倒してもおかしくない。

注目選手

木更津総合の越井颯一郎投手は178cm75kgの右腕投手で最速は146キロ、ストレートの軌道、変化球の軌道が良く、テンポに乗らせてしまうと手がつけられなくなる。投げるときに声を出すか出さないかすら、興味をもたせる投手。強豪の大学に進んで、2年目あたりからチームを任せられているような未来が想像できる。

中央学院の糠谷翔大投手は180cm80kgの右腕投手で、しっかりした下半身で微動だにしない土台があり、腕の振りも非常に良い。最速は140キロ中盤で、制球を重視して思い切り投げていないような感じがする。こちらも4年後にはドラフト1位級になっているのではないかと思う。

専大松戸の鈴木良麻投手は球速NO.1。最速は148キロを記録する。ただし、試合を支配していくためにもう1段階上の投球に上がっていく必要があり、それがどんなタイミングで見られるかが楽しみ。球速では千葉黎明の伊東賢生投手も、公式戦などでは130キロ後半だが練習試合で147キロを表示したとされ、183cmの身長からの伸びるストレートは魅力。

野手では市立船橋の片野優羽捕手が184cm94kgの大きなスケールがあり、二塁送球が1.85秒を記録する。打撃でも高校通算24本塁打を超しており、フェンス付近まで運ぶ打撃は非常に魅力。チームへの意識が強く、プロに向けてはまず自分に目を向け、捕手としてのフットワークなどを磨き直したい。

中央学院の大山朝陽選手はショートとしてのフットワークの良さが目立ち、ノックから基本の動きをしっかりとしている。試合に入るとダイナミックなプレーも見せるようになりセンスを感じさせる。打撃でも広角にヒットを打てて、当てる打球では無い。将来が楽しみだ。

その他の選手

木更津総合は1番を打つ山田隼選手が打率を残しながらも一発をかなり放つことができる選手。身体能力の高い菊地弘樹選手や大井太陽選手、俊足の空康輔選手、そして2年生で高打率で打点を稼ぐ水野岳斗選手は来年注目選手。2年の三富大輝選手や1年の羽根徹平選手もさらに経験を積めば楽しみ。投手はエース・越井投手の他に140キロ右腕の金綱伸悟投手、1年生で130キロ後半の速球を投げる千葉雄斗と左の井上陸投手も楽しみな選手で、主将の中西祐樹捕手がこれらの投手陣をしっかりとリードする。

習志野は180cm81kgの右腕投手で139キロを記録し、ピンチにも動じない古賀海音投手と、サイドハンドから130キロ中盤の速球を投げる関順一郎投手がともに安定、千葉県屈指の遊撃手・栗原政悟選手や長打の打てる竹内奏楽選手、守備の良い川野翼選手など野手が力を見せられるか。

市立船橋は左腕エースの森本哲星投手が143キロの速球を投げ、右の坂本崇斗投手も本格派タイプで141キロを記録する。双子の森本哲太選手も外野で強打者として注目される。

専大松戸は、抜群のセンスを見せる内野手の黒須堅心選手と大森駿太朗選手、185cmの大型捕手で昨年からマスクをかぶっている加藤大悟選手、そして191cm91kgの竹葉洋太投手も球速は140キロ台を記録している。ポテンシャルが大きい。

拓大紅陵は技巧派の小堺心温投手が安定しており、144キロ右腕の嶋田翔太投手が力で締める。強打の主将・中村瑠斗選手が頼れる存在で、187cm83kgの大型捕手・四十住海都選手も楽しみだ。

東海大浦安は178cm83kgの左腕・金韓根投手が142キロの力強い球に多彩な変化球を投げて注目される。春に2本塁打を放った左のスラッガー・鯵坂賢弘選手も注目。成田は180cm右腕の高橋竜平投手が142キロの球を投げ、兄が社会人野球で活躍している檜村圭吾選手もセンス抜群の選手。

千葉明徳も178cmの右腕・青柳克哉投手が140キロを記録し、俊足と打撃が評価される飯室優輝選手が出塁してチームを引っ張る。銚子商業は右の飯島聖矢投手と左の関根大翔投手がそれぞれ投球術があり安定している。主将の久保形怜司選手も思い切りの良い打撃がある。

東京学館は牧航汰投手が183cm72kgの右腕で、ダイナミックなフォームから140キロの球を投げて春に急成長、144キロの球を投げる田中千歳投手が調子を落としていたが、復活すれば強力な2枚看板となる。

東海大市原望洋は142キロの速球を投げる右の太田豊人投手と、182cmの長身左腕でストレートが130キロ中盤まで伸びてきた三山大輔投手に注目。市原中央の松平快聖投手は191cm86kgの大型のアンダースローの投手で、リリースポイントの近さなど特徴があり打ちにくい。

中央学院は2年生の井川一心投手も182cmの右腕で140キロの球を投げる。まだ線が細く、体ができてきたら楽しみ。暁星国際の三輪圭摩投手も140キロを記録し、スライダーのキレが抜群で、春に1試合15奪三振を記録した。

市川昴の森優亮投手は180cmの左腕投手で、139キロの速球に変化球もしっかりと投げ分けられる投手で、隠し玉として注目される。昭和学院の木村颯輝投手は動く球で専大松戸戦で好投をみせた。

日体大柏の杉山波白選手はいろいろなことができる選手で身体能力が高く、しっかりと打点を稼げる所に良いものを感じさせる。東葉高の鈴木太進選手は俊足で、内野安打が目立つ選手。幕張総合の倉林和輝選手も俊足で、外野守備でひときわ目立つ。鴨川令徳の田中来旺選手のスピードのある選手。

2022年度以降-高校生-千葉県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント