夏の高校野球・茨城大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球茨城大会、今すぐプロと言う選手は少ないかもしれないが、将来的にかなり注目されそうな選手がいる。ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は明秀日立が優勝しセンバツにも出場した。準優勝は藤代、4強に下妻一と土浦日大が入った。

春も明秀日立が優勝、準優勝はつくば秀英。4強に水戸商と土浦日大が入った。

選手の層からして明秀日立が投打にそろっており、優勝候補の筆頭にいることは間違いない。試合巧者で素質ある選手の揃う土浦日大が対抗で、水戸商、つくば秀英、常総学院、霞ヶ浦、常磐大高などが争いに絡みそうだ。

注目選手

明秀日立の猪俣駿太投手は183cm83kgと体があり、最速142キロのストレートは伸びがある。まだまだ球速が伸びてきそうな投手。水戸商業の平山颯士投手は最速144キロを記録し、春は1試合11奪三振も記録するなど三振を奪える投手。

他に投手では霞ヶ浦のカルテットが注目、赤羽蓮投手は189cmの右腕で142キロ、渡辺夏一投手は182cm81kgの右腕で141キロ、山田大河投手は182cm75kgの左腕投手で130キロ後半を記録する。2年生の木村優人投手は184cmから144キロの速球を投げ、来年の注目投手になりそう。

野手では明秀日立の石川ケニー選手が、強肩とパワーがある選手で、特に外野からの肩は必見。身体能力の高さをまだまだ引き出せそうで、将来が期待される。土浦日大の吉次悠真選手も50m5.8秒の足に4番を打つ長打力と、パワーとスピードを兼ね備えた選手で、U15代表を経験している。

素質では常総学院のバルザーブライアン選手は見ておきたい。183cm86kgの選手で投手としては最速154キロを記録した。ただし制球の課題が大きく、実戦で起用するのはもう少し、打者としてもパワーがあり、野手として出場する可能性がある。

その他の選手

明秀日立は188cm83kgの小久保快栄選手、180cm74kgで50m6.0秒の足と遠投115mの強肩の佐藤光成選手、171cm85kgのパワーヒッター・武田一渓選手、遠投120mの強肩捕手・伊藤和也選手、2年生でショートを守る平野太智選手と野手が充実、投手でも岡部真之祐投手は140キロの球を投げ、2年生の近藤悠人投手も173cm89kgの体から142キロのちからのある球を投げる。

常総学院は入学時から注目され、エースとして育ってほしかった坂本駿投手、キレのある球を投げる左腕の伊藤地宏投手、2年生の技巧派左腕・飯塚遥己投手などがおり、野手に注目選手が出てきてほしい。

常磐大学高の田中元弥投手は180cm86kgの右腕投手で、143キロの速球を投げる。コースを突いた投球ができ、スライダーとのコンビネーションが良い。パンチ力とスピードのある佐藤翼選手も3番として打線を引っ張る。

土浦日大は右腕の山田奏太投手が142キロの力強い球を投げ、主将で守備の要の武田優輝選手、春の練習試合で3打席連続ホームランを放った2年生の香取蒼太選手など楽しみな選手が多い。

つくば秀英は君付旺介選手、野川唯斗選手の二遊間に、投手としても140キロを記録する強肩の武田大和捕手が50m6.0秒の足と春に打率5割を記録した打撃が注目され、2年生で素質十分の五十嵐大晟投手が140キロを記録し、こちらも楽しみな選手。

鹿島学園の高久塁選手は昨年夏に4番としてチームを甲子園に導いた。181cm80kgの右の大砲として茨城県屈指の選手。日立一の鈴木翔登選手は184cm94kgの体で春に練習試合で3試合連続ホームランを放った。4番捕手の石原瞬輔選手も勝負強い打撃が良い。水戸商の関谷陸選手は茨城NO.1遊撃手の声もある瞬発力のある選手。

牛久高の竹内涼選手は181cm76kgと体があり、パンチ力とともにスピードもある選手。

2022年度以降-高校生-茨城県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント