夏の高校野球・京都大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球京都大会、全国屈指の左腕投手に外野手が揃っており、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は京都国際が優勝し、センバツ出場も決めていたが、新型コロナの影響により出場を辞退した。準優勝は塔南、4強に福知山成美と京都外大西が入った。

春は西城陽が優勝し、東山が準優勝。4強に福知山成美と龍谷大平安が入った。

昨秋以降、チーム状況のわからない京都国際だが、昨年夏の甲子園4強メンバーが残し実力は高い。ただし実戦が少ないことから、京都外大西、東山、龍谷大平安、福知山成美、塔南、西城陽などが虎視眈々とその座を狙う。

注目選手

京都国際の森下瑠大投手は、今年の成長が期待されながらもなかなか見る機会がなくなった。球速は昨年143キロだったが冬にトレーニングを積んでおり、どこまで伸びてきたのか。それ以外の要素は非常に高く評価されているだけに、球威の成長次第でプロのスカウトも判断刷ることになりそうだ。

京都外大西の西村瑠伊斗選手は177cm75kgの選手で、投手として最速147キロ、外野手として高校通算42本塁打に遠投120mの肩と50m6.0秒の足が光り、ドラフト指名は確実と言われる。逆方向を狙って打つことが多いが、しっかりとライトへのホームランでアピールを続けたい。また、その西村選手より足が速いと注目される中村友哉選手も将来が楽しみな選手だ。

その他の選手

京都国際は173cm72kgの平野順大投手も145キロの速球を投げ、どこまで成長しているか気がかり。捕手の辻井心選手、内野手の上野楓真選手、外野手の岩内琉貴也選手など、能力の高い選手が揃っており、170cmの右腕・森田大翔投手や2年生の伊藤蓮投手も184cmから140キロの球を投げる。2年生では188cmの右のスラッガー・浜田泰希選手も期待したい。

福知山成美の谷口天誠投手は、179cmの左腕投手で球速は138キロだが、とにかくキレの良い球で130キロ前後でも空振りを奪える。昨秋の立命館戦で9回1安打13奪三振など、とにかくバットに当たらない投球をする。189cmの長身右腕・丘田駿介投手も、谷口投手とタイプが全く違い、角度のストレートとスライダーを使う。

龍谷大平安は二塁送球が1.9秒の伊藤愛都捕手が球を受ける2年生の岩井聖投手が楽しみ。184cm86kgの右腕で144キロの球を投げる。そして2年生の山口翔梧選手も遊撃手として非常に期待が高い。

立命館宇治の加藤颯投手は、177cm78kgの右腕投手で140キロのストレートで抑えきる力がある。2年生の築山隆翔選手は打撃技術の良い外野手で、長打力が出てきて来年の注目選手になる。1年生の十川奨己投手も長身右腕投手で春にデビューをしており、成長が期待される。

塔南の野原元気投手は181cm75kgの右腕投手で、140キロの球を投げる本格派。打撃でもぐんぐん伸びる打球を打ち、主軸として活躍する。そして177cmの左のスラッガー・小西逸誠選手が昨年秋に3試合連続ホームランを放っている。守備の良い浅沼海人選手などで守り勝てる。

東山の橋本翔太投手が球威ではトップクラス。179cm82kgの右腕で最速は146キロを記録、打撃でもパンチ力が光る。西城陽の藤川泰斗投手は170cm72kgの左腕投手で、130キロ中盤の速球にカーブ、スライダー、チェンジアップを織り交ぜ、決め球のフォークが抜群。日星の坂根楓河投手は189cmの長身右腕投手で、最速は143キロを記録する。スライダーで三振を奪える能力のある投手。

乙訓の中西孔太郎投手も142キロのストレートを投げる、京都でも指折りの力のある投手。京都産大付の八木凌太朗投手は175cm72kgから141キロの速球を投げ、投げっぷりの良い投球をする。

2022年度以降-高校生-京都府のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント