夏の高校野球・滋賀大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球滋賀大会、近江の山田選手は全国屈指の右腕投手で、ドラフト会議での上位指名の可能性がある。ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は八幡商が優勝し、準優勝に滋賀学園。4強に近江と立命館守山が入った。センバツの出場枠から漏れていた近江だが、京都国際の出場辞退によりセンバツに出場すると、見事準優勝を果たした。

春は近江が優勝し、立命館守山が準優勝。ベスト4に彦根総合と綾羽が入った。

優勝候補は近江で揺るがない。対抗に滋賀学園、綾羽。立命館守山や八幡商、彦根総合などが争いに絡むか。

注目選手

近江の山田陽翔投手が175cm78kgの右腕投手で、最速149キロのストレートは伸びがあり、鋭く曲がる変化球も魅力。センバツでは見事に準優勝を果たし、全国区の選手として注目される。打撃も非常によく高校トップクラスと見られるが、本人はプロで投手としてプレーすることを決めている。ドラフト会議では上位での指名の可能性がある。

滋賀学園の鈴木蓮選手は、181cm83kgの遊撃手で遠投120mの強肩が光り、痛烈な打球で外野に飛んでいく打球で、高校通算も19本を超えている。「プロの世界に行きたい」とプロ志望をしており、複数球団のスカウトが注目している。

その他の選手

近江は津田基選手がセンスある打撃や走塁が光る選手、スラッガーの岡崎幸聖選手やショートの守備が既に評価される2年生の横田悟選手がおり、投手も2年制左腕の星野世那投手が力をつけてきた。技巧派左腕の副島良太投手や外義来都投手など全員で山田投手をサポートしたい。

滋賀学園は強肩捕手の吉川朋希選手、遠投110mに50m5.9秒の金城栄乃介選手、そして主将の山田一晴選手は滋賀を代表する左の強打者で、迫力のある打線が特徴。エースの服部弘太郎投手も140キロのと変化球を織り交ぜて安定している。

彦根総合は2年生左腕エースの野下陽祐投手が、テンポよくキレの良い球を投げ、同じ2年生の武元駿希投手も140キロを記録する力がある。そして強肩捕手の勝田新一朗選手も投手として142キロを記録し、先発・リリーフで登板する。

立命館守山は広角にヒットを打つ1番の大西温太選手、172cm67kgと大きくないが、この春に5試合で3本塁打を放った白樫健太郎選手が成長をみせている。

綾羽はエースの野村亮輔投手が143キロの速球に制球も安定している投手、2年生の野川新投手はダイナミックなフォームから141キロの速球を投げ、将来が期待される。

八幡商の中川翔介投手は178cm83kgの右腕投手で、最速は145キロを記録する。リリーフとして力の投球で圧倒する。伊吹高の福井希空投手が175cm75kgの右腕で最速は142キロ、変化球をうまく使う。膳所の野井清吾投手は長身右腕投手で威力ある球を投げ、京都大学進学を志望している。

比叡山の辻果愛選手は1番バッターだがホームランも打てるパンチ力のある選手。八日市の間宮悠選手は169cm69kgの選手で、高校通算15本塁打を放つ。内外野を守る。水口高の湯次航大選手は175cm78kgの左打者で、通算20本塁打を放っている。

2022年度以降-高校生-滋賀県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント