春日高の左腕・飯田泰成投手が投打に活躍し初戦突破、7球団のスカウトが視察

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

春日高校の180cm80kgの左腕投手・飯田泰成投手に、プロ7球団のスカウトが集結した。

スポンサーリンク

プロ注目左腕

飯田泰成投手は180cm80kgの左腕投手で、最速は139キロを記録する。この日は初回に味方のエラーなどで2点を失ったが、「焦りはありませんでした」と切り替えると、2回以降は2安打に抑え、7回4安打2失点でコールド勝利した。

また6回1アウトの場面で打席に入ると、ライトのフェンスを超える「完璧でした」と話すホームランを放った。これが高校で2本目のホームランだった。

この日はプロ7球団のスカウトが視察に訪れ、飯田投手のプレーを見守った。また、同じ福岡の星琳高の監督を務める父も駆けつけ、「ホームランが出た時は思わず声が出た。自分が打ったみたいに喜んでしまいました」と話した。

出どころの見えにくいがダイナミックなフォームが特徴で、このフォームも父のアドバイスにより作り上げてきた。飯田投手は「バックネット裏にあんなに堂々といられたら緊張してしまいます。大きいので気づきました。あぁ、いるなぁと思いながら」と話志、父の前で1勝を挙げた。

昨年春には7回参考ながらノーヒットノーランを達成している。身長もある左腕投手に今後も注目したい。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・福岡大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球福岡大会、毎年注目度Aとなっている福岡大会だが、今年も145キロを越す速球を投げる投手が多く、注目捕手や来年のドラフト目玉クラスの選手など、目が離せない地区となっている。ドラフト注目度はA。

春日コールド発進、飯田一発&完投 ー 西日本スポーツ紙面

進学校・春日初戦突破 プロ注目飯田泰成が視察する星琳監督の父の前で投打に躍動/福岡 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
福岡大会は4日、各地で2回戦が行われた。公立進学校の春日は、浮羽究真館に10ー2の7回コールド勝ちで初戦を突破。プロ注目で最速139キロ左腕、飯田泰成投手(3… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

この日は父がマウンドから真正面のスタンドにどっしりと座っていた。左腕は「バックネット裏にあんなに堂々といられたら緊張してしまいます。大きいので気づきました。『あぁ、いるなぁ』と思いながら」。照れ笑いを浮かべながらも声援に感謝し、試合後は「おめでとう」とねぎらいを受けていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント