知内の147キロ左腕・坂本拓己投手が注目投手対決を制す、5球団視察

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球南北海道大会の函館A地区代表決定戦が行われ、プロ注目の知内・坂本拓己投手と、函館大有斗の石岡流音投手が対戦した。

スポンサーリンク

5球団視察

最速147キロの速球を投げる知内の坂本拓己投手は、この日は6回を投げて5安打8奪三振無失点、やや高めにいくものの、その球を生かしてゆるい変化球を使って好投した。

これで春の大会以降、練習試合も含めて24回を投げて無失点で「春までは速い変化球だけでタイミングを合わせられたが、緩いカーブを効果的に使えるようになった」と話す。

そして「目標はプロだが、まずは高校野球でしっかり結果を出すことが大事」と話し、プロ入りの志望について話した。この日も5球団のスカウトが視察をしており、アピールとなった。

一方、函館大有斗の石岡流音投手は、1回2/3を投げて8失点で降板した。昨年は道大会の準々決勝まで勝ち上がったチームで、エース格として暑い中で登板し、チームを引っ張っていたが、今年はそのような投球を見せることはできなかった。

小学生時代にチームメイトだった知内の馬躰光瑛選手と前日に「お互いに頑張ろう」とLINEでやり取りをしたが、この日はその馬躰選手に先制タイムリーを浴び「相手がすごかった。甲子園まで行って欲しい」と話した。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・南北海道大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球南北海道大会は、苫小牧中央の斉藤優汰投手と東海大札幌の左腕・門別啓人投手が共に150キロを記録しており、ドラフト上位での指名が期待される。他にも速球派投手や野手も期待される選手が多く、ドラフト注目度はA。
「目標はプロ」知内・坂本拓己6回8Kでコールド勝ち貢献 春の大会後24回無失点/南北海道 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
知内のプロ注目の147キロ左腕、坂本拓己(3年)が6回5安打8奪三振無失点の好投でコールド勝ちに貢献した。今夏、地区3戦15イニング22奪三振無失点。春の大会… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

NPB5球団のスカウトが視察。「目標はプロだが、まずは高校野球でしっかり結果を出すことが大事」と気を引き締めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント