夏の高校野球・福岡大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球福岡大会、毎年注目度Aとなっている福岡大会だが、今年も145キロを越す速球を投げる投手が多く、注目捕手や来年のドラフト目玉クラスの選手など、目が離せない地区となっている。ドラフト注目度はA。

スポンサーリンク

地区

昨秋は九州国際大付が優勝しセンバツにも出場した。福岡第一が準優勝し4強には飯塚、自由ヶ丘が入った。今春は西日本短大付が優勝、小倉工業が準優勝で、東海大福岡と折尾愛真が4強に入っており、まさに群雄割拠、どこが上位に進出してきてもおかしくない状況になっている。

しかしその中で夏の消耗戦を考えると、選手層の厚い九州国際大付が有利かと思うが、西日本短大付が投手力と打撃の破壊力もあり対抗となりそう。飯塚や筑陽学園は投手力を最後まで保ちながら勝ち上がれるか。

注目選手

飯塚の白濱快起投手は191cmの大型右腕投手で、角度のあるストレートとスライダー、そしてカーブなど緩急もつけるピッチングが持ち味。まだまだポテンシャルがあると思うが、この夏にどこまで見せられるか。投手力で厳しい福岡を勝っていけそうなのは白濱投手くらいだと思う。

東筑の高崎陽登投手は187cm82kgの大型左腕投手で、プロのスカウトの目が真剣になっている。長身左腕で最速146キロの速球を投げ、まだ未完成な所があるが春は小倉工を相手に14奪三振を記録するなど、将来が非常に楽しみな選手で、ドラフト会議での指名は確実と見られる。

小倉高の吉川雅崇投手も180cmの右腕投手で最速146キロを記録、カーブ、チェンジアップなどを組み合わせて三振を奪う力がある。筑陽学園の木口永翔投手も183cmの右腕投手で最速は145キロ、やや低い位置から投げ、横に動く球も注目される。

西日本短大付の江川颯太投手は最速145キロで、低めに球を集める粘りの投球ができる投手。1試合を完全に任せられ、終盤に球速が増してくる所もある。福岡工大上棟の内田海翔投手は最速は140キロだが、キレの良いストレートが魅力。

捕手では九州国際大付の野田海人選手が全国区。投手としても146キロの速球を投げる強肩は驚異的で、フットワークから送球への流れが作れれば、他の捕手を圧倒する力があると思う。また黒田義信選手は侍ジャパンU18代表候補に名前を連ねている選手で、強肩・50m6.0秒の俊足・高校通算21本塁打の長打力と、全てに長けた選手。大学などで活躍をして将来はプロで活躍してそうだ。

福岡大大濠の山下恭吾選手は中学時から頭ひとつ抜けていた才能をもつ選手。ショートでの守備と長打力、そしてタイム自体は速くないものの盗塁を決めるセンスなど、見ていて羨ましさを感じる。体力的に鍛え上げて、ひとつひとつに力強さが加わればと思って見ているが夏に注目したい。

そして2年生では花巻東の佐々木選手、広陵の真鍋選手と共にBIG3と注目される九州国際大付の佐倉侠史朗選手と、二遊間で素晴らしいプレーを見せ、素質が抜けている西日本短大付の江口翔人選手が注目される。

1年生も春の九州大会で登板した西日本短大付の村上太一投手は184cm80kgの大型投手として、九州国際大付で最速144キロの速球を投げ、打撃でも注目されている松本彪冴選手は、今後も福岡大会を注目させる選手になりそうだ。

その他の選手

九州国際大付で忘れていけないのはエースの香西一希投手。球速帯が130キロ前後だが、制球力や変化球の精度、フォームなどを使って試合を支配する力が非常に高い。ショートの尾崎悠斗選手の守備も定評があり、長打力のある大島諄士選手、二塁手としての守備力に足、長打力で可能性を持っている白井賢太郎選手など、タレントが多く集まっている。

福岡大大濠は強肩の内野手で投げても135キロを記録する友納周哉選手が、高い打率を残し、盗塁も決めるキーマンの1人。福沢雄太選手、吉田颯選手、井上優生選手など体がある打者が並び、守備の動きも良い。

西日本短大付は江川選手、江口選手、村上投手の他にも打撃の良い今田塁陽選手など打線に切れ目がない。

飯塚高は控えの小串裕毅投手も右サイドから140キロの力のある球を投げる。春日高の飯田泰成投手は最速139キロの速球を投げる左腕投手で、球速以上に速く感じるキレがあり、多彩な変化球も投げる。門司学園の森本弘士朗投手は強肩の遊撃手だが、最速136キロを投げる投手として、変化球もしっかりと投げて三振を奪う。福岡第一の古山田隼投手はストレートと変化球を織り混ぜて三振を奪ってくる投手。

沖学園の竹下優英選手は170cm70kgと体は大きくないが、通算38本塁打をマークしているスラッガー。中村三陽の永野佑眞選手も170cm74kgだが2年夏までに10本塁打を放っている。

東福岡の藤一眞選手は内野手として光る守備を見せる。東海大福岡の桑田和弥選手も、中学時代からショートとして注目されており、高校でも守備の良さを見せている。

2022年度以降-高校生-福岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント