夏の高校野球・岡山大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球岡山大会、投手、内野手に素質のある注目選手がおり、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は倉敷工が優勝し、岡山学芸館が準優勝、4強に岡山東商と創志学園が入った。

春は創志学園が優勝し、岡山理大付が準優勝、4強に岡山東商と玉野光南が入った。

創志学園、岡山理大付、岡山学芸館、岡山東商、倉敷工、倉敷商、玉野光南に、おかやま山陽などが戦力を整えており、金光学園、明誠学院なども力をつけている。

注目選手

岡山理大付の田本聖貴投手は191cm86kgの大型右腕で、春に149キロを記録した。かなり成長をしており、もしかするとこの夏に一気に評価が高まっていくかもしれない。チームメイトの西村太郎投手も189cmの右腕で138キロの速球を投げ、ツインタワーとして注目されそう。

岡山学芸館の宇地原丈智選手は180cm77kgの遊撃手で、大型ながら俊敏な守備と、シュアな打撃で左右に長打を打てる。スマートさと力強さを感じさせる選手で、プロのスカウトも注目している。

創志学園の岡村洸太郎投手は177cm77kgの右腕投手で、サイドスローから149キロの速球を投げる。特徴のあるフォームと力強いストレートは注目されそうだ。

興譲館の戸川和哉投手は181cm81kgのバランスの良い右腕投手で最速146キロ、左腕の只友雄大投手も左から144キロを記録する左右の2枚看板。

その他の選手

創志学園は三宅昂汰投手も185cmの長身右腕投手で1年時から期待され、181cmの木村晃大投手も角度のある球を投げる。豪快なスイングでホームランを放つ金田恭汰選手や、1年時から1番を打っている木村政裕選手などの打線が鍵となる。

岡山理大付はショートの水畑秀汰選手が、守備では県NO.1遊撃手と評価が高い。ツインタワーをリードする堀内太陽捕手も走攻守に揃った選手で素質がある。173cmの楠本駿投手も138キロの速球を投げ、50m5.9秒の足がある。

岡山学芸館は捕手の勝楽剛琉選手が165cm70kgと体は大きくないが、思い切りが良く確実性の高い打撃でチームを引っ張る。内野手の保科竜聖選手や2年生でサードを守る森下叶太郎選手、中学時に陸上界で注目された俊足の2年生・藤原遥大選手などがおり、左腕の岡田景翔投手、2年生右腕の四方佑投手も鋭い変化球を投げる。

倉敷工は高山侑大投手が182cmの右腕投手で最速は139キロ、腕の振りが素晴らしくもっと評価されても良い投手。182cmの右腕・菊井颯投手やスイングの良い日向悠選手、福島貫太選手、藤井虎道選手、若林晴斗選手に2年生で俊足の堀内蓮生選手が並ぶ打線は県屈指。

倉敷商もショートの池上正純選手が守備で注目されており、俊足巧打のリードオフマン雄龍人志選手と、痛烈な打球を飛ばす藤森旭心選手などに力がある。

金光学園は二塁送球が1.9秒の來山大輝捕手や180cm83kgの大型三塁手・杉本翔吾選手、ショートの守備にセンスを感じさせる田邉諒太郎選手に、141キロの速球を投げる広坂俊輔投手など、特徴と素質を持った選手が並ぶ。

おかやま山陽の田内斗真選手は165cm66kgの内野手で、長打力が出てきて左右に飛ばす。倉敷翠松の畝木稜介選手は打球速度が強豪チームの主軸クラス。

明誠学院の猪坂尚社投手はキレの良いストレート投げる左腕で、インコースをしっかりと攻めることができるコントロールがある。玉野光南の田野心一朗選手は監督の長男で、140キロを記録する右腕投手。岡山商大付の河原明生選手は、内野と投手の兼務だが、ストレートの回転が素晴らしく、投手として注目される。

関西の2年生・安藤遥輝投手は136キロのストレートと鋭いフォークボールで楽しみな投手。倉敷高の坂本大和投手は2年生で145キロを記録し来年注目。西大寺の鈴木晴道投手は制球力の良い投手。

2022年度以降-高校生-岡山県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント