夏の高校野球・佐賀大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球佐賀大会、将来的に楽しみな選手はいるが、今年のドラフト会議で指名が有力な選手や、全体的に候補数も少なく、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は佐賀商が優勝し、準優勝は佐賀西。4強に鹿島、伊万里実が入った。

春は東明館が優勝し佐賀商が準優勝。佐賀学園と唐津商が4強入り。

安定して力がある佐賀商に東明館が優勝候補、そしてセンバツに出場した有田工も成長をしている。

注目選手

佐賀商の上田喜介選手は佐賀県屈指、九州屈指の守備を誇る遊撃手として、広く知れ渡っている。守備・走塁にスピードがあり、打撃でもしっかりとスイングをしてヒットにする。スイッチヒッターであることも楽しみ。

北陵の眞木凛太郎投手は185cm87kgの右腕投手で、球速は140キロだが低めのコーナーに線を描いて決まる。スライダー、ツーシームで動く球も使う好投手でポテンシャルを高く評価する。

佐賀工業の大仁田流磨投手は180cmの左腕投手で、140キロのストレートは豪速球に感じる球の力がある。これから更に成長をしてゆきそうで将来が楽しみ。

その他の選手

北陵は石橋駿投手も179cm80kgの左腕投手で、143キロのストレートとカーブを使い、力で押す投球もできる。古賀啓太投手も175cmの右腕投手で球速は143キロ、変化球もキレが良い投手だという。強打者の円城寺飛羽選手、そして2年生の後藤義樹選手は50m6.0秒の足があり、ヒットエンドランなど器用さを見せる。内野手として守備力の評価も高い。

佐賀北は180cm80kgの森球道選手が昨年から4番を打つ主軸で、打撃の強さに技術も併せ持った選手。捕手の小柳啓誠選手は2年生にして強肩NO,1と評価される。180cm75kgの体もありスイングスピードも速く、来年注目の捕手となりそうだ。

東明館は制球力抜群のエース・今村珀孔投手が球速140キロを突破し、球の力が増している。2年生で左のサイドスロー・飛松航平投手も成長をしており、そのまま球威がでてきたら面白い。また登板機会は無いが182cmの左腕・梶本春斗投手も130キロ中盤を投げるという。

センバツに出場した有田工業は、エースの塚本侑弥選手の安定感がある。そして2年生の強打者・角田貴弘選手の評価が上がり、これからまだまだ成長しそうだ。佐賀学園は昨年のNHK杯決勝でノーヒットノーランを記録した制球力の良い右腕の広橋礼貴投手と、長身左腕で130キロ中盤の球を投げる前田勇二投手が2枚看板。

伊万里の森下滉平投手は175cm75kgの右腕で最速は143キロを記録、球威がありこれから投手として磨かれていく。龍谷の蒲原憲生投手は184cmの身長がある左腕投手。上から投げ下ろし135キロの球は威力を感じるほか、カーブも素晴らしい投手。神埼清明の福山大輔投手は140キロストレートを投げる右腕投手で、球速よりも速く感じる球。スライダーのキレも良い。

佐賀西の大串海晴選手は投手としても135キロを記録し、二塁送球で1.88秒を記録した強肩捕手。唐津商の桑原悠獅投手は粘りの投球が持ち味。

2年生では他に、龍谷の浦野獅龍選手が175cm85kgの右のスラッガーで、4番でホームランを放つ。鳥栖商の山崎桔平投手や鳥栖工の高陽章選手なども経験を積んでいる。

2022年度以降-高校生-佐賀県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント