夏の高校野球・高知大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球高知大会、森木投手や代木投手のいた昨年より注目度は下がる。各チームの特徴を持ち、また将来が楽しみな選手はいるが、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は明徳義塾が優勝し、高知が準優勝。4強に高知商と高知中央が入った。甲子園には高知が出場している。

春も明徳義塾が優勝、高知工業が準優勝。土佐と高知南が4強に入った。

打倒、明徳義塾というのが合言葉となりそうだが、戦力のある高知高校も優勝候補。高知商や高知工などがそこに絡んできそうだ。

注目選手

岡豊高の浜口颯一朗投手は、177cm80kgのバランスの良い体から最速145キロの速球を投げる。カーブもワンバウンドの球で空振りを奪い、特にマウンド上での落ち着き、そして投球の度胸がある。

明徳義塾の吉村優聖歩選手は、181cmの長身で左のサイドスローということで、1年時から注目され、高知県の左打者を苦しめてきた。この特徴は上のステージでも十分武器になる。そして右のサイドスロー・矢野勢也投手も180cm72kgの体があり、130キロ後半を記録して力をつけてきた。また、1番バッターの井上航輝選手の足と守備の良さは非常にレベルが高く、大学などでもすぐに活躍するかもしれない。

その他の選手

明徳義塾は二塁手の池辺由伸選手が主将としてチーム打撃を見せ、守備も安定している。遊撃手の辰己遊選手も年々守備がうまくなっており、強肩を生かしたプレーを見せる。181cmの左腕で外野でもプレーをする田中晴太選手は、1年生で4番を打った寺地隆成選手など、例年通り選手層が厚い。

高知高はエースの山下圭太選手がエースで1番打者として、両方に高い素質を感じさせる。183cm84kgの内野手・高橋友選手が中心打者として鋭い打撃を見せ、外野手の川竹巧真選手が175cm90kgの体で、パワフルな打撃とともに投手としても144キロを記録する。他にも投手では183cm75kgの日野灯投手が130キロ後半の球を投げ、185cmの長身左腕・小西匠投手や2年生の右サイドスロー・中嶋奏輔投手などバラエティに飛んだ投手陣となっていて、リードする西野啓也捕手の巧みさと二塁送球1.9秒の強肩も目をみはる。180cmだが俊足で打撃の良い松本桂弥選手、守備が抜群の二塁手・三谷高慶選手、180cm91kgの大砲候補・東大夢選手と野手も色々なタイプの選手がいる。

高知中央は昨年もいろいろな選手が出てきたが、今年も堅田紘可選手は175cm90kgの右腕投手で145キロを記録、ホームランも打てる。竹村大翔選手も普段は外野手だが180cm右腕として140キロを記録する。135キロを記録する井上陽翔選手も変化球を使ったうまい投球を見せる。

高知工はエースの和田伊織投手は172cm80kgの右腕投手で136キロのストレートを中心に力を見せる。高知商業は熊沢実樹哉投手が167cm65kgと大きくないが142キロを記録するストレートは抜群のキレがある。4番捕手の山本遼汰朗選手も打撃の良い選手。土佐の難波蔵之介投手は173cm74kgの左腕で137キロのストレートは空振りを奪える。

2022年度以降-高校生-高知県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント