夏の高校野球・熊本大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球熊本大会、投手、内野手、外野手などに素質を持つ選手は多い、今年のドラフト指名確実という選手はいないが、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は秀岳館が優勝し、熊本工業が準優勝。熊本学園大付と東海大熊本星翔が4強。

春は九州学院が優勝し、熊本工業が準優勝。専大玉名と熊本学園大付が4強に入った。

九州学院、秀岳館が優勝する中で、安定して力のある熊本工、熊本学園大付に、東海大熊本星翔や専大玉名などが優勝争いをしそうだ。

注目選手

九州学院の村上慶太選手は、189cm90kgの左のスラッガー。東京ヤクルトの村上宗隆選手の弟としてスケールの大きさなどに注目されているが、実績として3年夏にしっかりと成績を残し、将来のプロ入りに向けてのステップとしたい。

東海大熊本星翔の合志光陽投手は、180cm80kgの右腕投手で143キロを記録するストレートに、チェンジアップを組み合わせた投球は絶妙。

その他の選手

九州学院は2年生右腕の直江新投手が130キロ後半の球に安定した投球を見せ、3年生の右腕・藏原佳周投手と左腕の桑原颯汰投手も130キロ中盤の球でサポート、小野寺晏投手などもいる。野手では通算13本塁打のパンチ力がある1番・松下翔選手から、2年生で50m5.7秒の俊足・大城戸陸琥選手、遊撃手として評価が高く、右打者で一塁まで4.0秒を記録する馬場涼輔選手などが村上選手に繋いでいく。

東海大熊本星翔は2年生の182cm右腕・玉木稜真投手もスリークォーターから140キロの快速球を投げ、3年生の児島直樹投手はアンダースローからゆるい球を投げる。50m5秒台の足を持つ江藤大晟選手が、通算10本塁打を放つパンチ力で身体能力の高さに注目したい。

熊本工業はシャープなスイングを見せる181cm80kgの前高翔太選手に力もセンスも備わっており、広角にヒットを打てる増見優吏選手、180cmの大型遊撃手で打力のある米田雄大選手なども良い。松波勲典投手は質の良いストレートを投げる。

秀岳館は173cm73kgの山内勇人投手が140キロの力で押す投球をし、打撃もすごい宇多村隼人選手が投げても140キロを記録する。高校通算15本を超える岩崎孝祐選手の長打力も見たい。

城北の2年生・井口涼大投手は172cm75kgの左腕投手で137キロを記録、3年生の松井悠真投手はU15代表経験投手で、ストレートとスライダーの投球に注目。

有明高校も182cmの右腕・坂本閏進投手が130キロ後半を記録し、184cmの右腕・手嶋竜太郎投手も130キロ中盤のストレートを投げる。

熊本学園大付の登千魁投手はクロスファイアーに威力のある左腕投手で、右の米本光佑投手は183cmから投げ下ろす。

文徳の岩永一颯投手は184cmの本格派投手で球威ある球を投げ下ろす。球磨工の嶋田尚一郎投手は184cmのサイドハンド投手で、ツーシーム、シンカーなどを使っていく。大津高の藤堂正太投手はデータ分析で成長し142キロを記録している。千原台の入口誉士投手は182cmの左腕投手で低めに伸びる球が持ち味。

八代清流の藤吉莉玖投手は177cm73kgの右のサイドスローで136キロを記録する。南稜には小川貴紀投手と強豪高から転向してきた古堀絆大投手がともに130キロ中盤の球を投げる。

熊本商の吉海竣貴選手は184cmの三塁手で、打撃の強さは県でも屈指か。開新の木原武蔵選手は右打ちが上手い選手で足もある。熊本第一の山道陵太郎選手はきれいなフォームから鋭い打球を飛ばし、和田侑士選手も守備と打撃が良い。

2022年度以降-高校生-熊本県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント