夏の高校野球・宮崎大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球宮崎大会、140キロを超す球を投げる投手が多く、プロ注目投手もいる。現時点でドラフト指名確実という選手はおらず、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は小林秀峰が優勝し、日章学園が準優勝。都城泉ヶ丘と富島が4強に入った。

春は宮崎学園が優勝し、小林西が準優勝。聖心ウルスラと日章学園が4強に入っている。

春優勝の宮崎学園と準優勝の小林西がチーム状態が良く、秋春と成績を残している日章学園が対抗となる。富島、小林秀峰、聖心ウルスラ、日南学園、延岡学園、宮崎商、都城なども勝ち上がる実力がある。

注目選手

富島の日高暖己投手は183cm77kgの右腕投手で、最速は148キロを記録する。体のサイズもあり、流行りの山本由伸投手のフォームに似た形で力強いストレートを投げる。プロのスカウトも注目しており、今後が注目される。

日南学園の田中大希投手も183cm83kgの体があり、最速は147キロを記録する。タイプ的にカットボールなどを使い安定した投球が持ち味の投手で、そこに力がついてきた事でどんなピッチングをするのか注目したい。

宮崎商の長友稜太投手も184cm83kgの右腕投手で、高校2年で出場したセンバツで146キロを記録した。その後、伸び悩みのような状態に右肘痛などもあり、あまり名前が聞かれなくなってしまったが、球速は148キロを記録を記録しているといい、復活が期待される。

そして都城商の宮山凌太朗投手が出てきた。173cm76kgと3人に比べると大きくないが、柔らかいフォームから繰り出されるストレートは146キロを記録し、春の都城工戦で18奪三振、ノーヒットノーラン、3試合連続2桁奪三振ととにかく圧倒的な投球をしている。宮崎NO.1に躍り出る勢いがある。

その他の選手

小林西に投打に逸材がいる。捕手の上原口凌佑選手は181cm81kgの1年時から注目されている選手で、インコースをうまく捌く打撃にプロのスカウトも評価をしている。智弁和歌山との招待試合で4安打を記録した。藤幸輝選手は173cm78kgの右のスラッガーで、大島の大野投手からホームランを放つなど天性の物がある。投げても143キロを記録する。岩根陽向選手も長打力が出てきて、持ち前の打撃技術に迫力が出てきた。仲田巧は強肩の内野手で投手としても140キロを記録、原田稀大投手は165cmの左腕投手で130キロ中盤の速球で安定した投球をする。

日南学園は台湾出身の黄晢勛投手が184cmの長身右腕で140キロの速球を投げ、打者としても期待されている。甲斐竜童投手も138キロのストレートに力がある。2年生の町屋憲伸投手も既に141キロを記録しており、来年のエース候補となる。三宅慶真選手は遠投110mの強肩、50m6.0秒の俊足で高校通算も10本を超える。内野も外野も守れ、将来が楽しみな選手。

日章学園はエースの古川莉久投手が140キロ台の球を投げる。そして俊足強打の1番・浜砂飛雄馬選手が通算18本塁打のパンチ力と、50m6.1秒の足を見せる。主砲の小八重幸四郎選手はとにかく飛距離がでる打撃が楽しみ。

富島は185cm75kgの齊藤光星選手が、まだ体の線が細く感じるが高い弾道でスタンドに運ぶアーチストの打球を放つ。スライダーをうまく使う竹中大河投手は低めに球を集められる。

延岡学園は左の佐藤孝紀投手、右の武藤祐介投手がそれぞれ140キロを記録し、春はそれぞれ終盤まで相手をノーヒットに抑える投球をしている。聖心ウルスラの小路詠作投手は142キロの快速球とフォークボールで三振を奪う。都城の大村悠雅投手も178cm78kgの右腕で、ストレートはまさに快速球。

小林秀峰の田口瑛竣投手は170cm70kgの右腕で昨年からエース、130キロ台のストレートに多彩な変化球を操る。門川高の畑中蒼大投手は184cm78kgの右腕で、梅雨学時代はハンドボールで全国に出場していた。威力ある球を投げる。宮崎西の三宅遼太郎投手も140キロを記録しており、投打にチームの中心選手。

宮崎商は1番バッターの福永秋輝選手が、智弁和歌山との招待試合でプロ注目の武元投手から2安打を記録した。172cm87kgのスラッガー・井崎真志選手の打球も注目したい。宮崎学園の斎藤峻雅選手も173cm91kgの体からの長打力で、高校通算は10本塁打を超えている。2年春で既にチームの1番を打っていた岡崎大空選手も成長に期待。他にも、延岡星雲の國生要人選手、佐保智哉選手、都城東の有川廉晋選手、延岡工の吉田朔基選手などが情報として寄せられている。

2022年度以降-高校生-宮崎県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント