高松商・浅野翔吾選手が先頭打者ホームラン、7球団13人スカウト視察し首脳クラスが「上位候補」評価

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

高松商の注目スラッガー・浅野翔吾選手がこの日、丸亀都の準決勝で初回に先頭打者ホームランを放ち、高校通算63本とした。この試合には7球団13人のスカウトが視察に訪れ、首脳クラスの視察も相次いだ。

スポンサーリンク

再逆転につながる二塁打も

浅野翔吾選手はこの日も1番で出場すると、初球の高めのストレートを叩き、ライナーでレフトの芝生席に飛び込む先頭打者ホームランを放った。「真っすぐを狙っていました。詰まったと思ったんですけど、いい感じで打球が上がってくれました」と話し、これで高校通算63本目となった。

その後、チームは3−4と逆転を許したものの、2回にもレフトオーバーの二塁打を打ってチャンスを拡大させ、その後、決勝のホームを踏んだ。7回には右のサイドスローの投手と対戦すると、今大会初となる左打席に入り、結果はライトフライだったものの、フェンスギリギリの大飛球だった。「詰まっても打球が飛んでいくのは状態がいい時」と話した。

スカウト絶賛

この試合には7球団13人のスカウトが視察し、首脳クラスから絶賛が相次いだ。

北海道日本ハム・大渕GM補佐兼スカウト部長:「積極的に球をつかまえる能力が高い」

福岡ソフトバンク・永井編成育成本部長兼スカウト部長:「木製でも対応力がありそう。上位候補ではないでしょうか」

東京ヤクルト・橿渕スカウト:「期待通りの結果を出す。スター性がある。積極性やプレースタイルは中日平田が出てきた時と似ている」

今年の高校生スラッガーとして、常にトップを走ってきた浅野選手、ドラフト会議でも2位以上での指名は間違いないと見られる。甲子園まであと1つと迫り、甲子園でもホームランを打つことがあれば、ドラフト1位指名が堅くなりそうだ。

2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・香川大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球香川大会、全国でもトップクラスに入るスラッガーの存在があり、それを止めようとする各高校のエースの存在も注目される。ドラフト注目度はB。
高松商・浅野、今大会2本目先頭打者弾で決勝 「真っすぐ狙って」初球をガツン!スカウトも高評価 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第104回全国高校野球選手権大会(8月6日から17日間、甲子園)の出場校を決める地方大会は24日、各地で行われた。香川大会では今秋ドラフト上位候補の高松商・浅野翔吾(3年)が初球先頭打者本塁打を放ち、決勝に進出した。

スカウトの評価もうなぎ上りだ。この日はNPB7球団13人が視察。日本ハムの大渕隆GM補佐兼スカウト部長が「積極的に球をつかまえる能力が高い」と評価すれば、ソフトバンクの永井智浩編成育成本部長兼スカウト部部長も「木製(バット)でも対応力がありそう。上位候補ではないでしょうか」と“プロ向き”であることを認めた。

高松商・浅野翔吾 先頭打者弾!清原氏の高校通算64本まであと1本/デイリースポーツ online
 「高校野球香川大会・準決勝、高松商11-5丸亀」(24日、レクザムスタジアム) 香川大会は準決勝が行われ、今秋ドラフト候補の高松商・浅野翔吾外野手(3年)が高校通算63本目となる本塁打を放ち、決勝進出に貢献した。

この日は7球団のスカウトが視察。ソフトバンクの永井執行役員兼スカウト部長は「木製バットでも通用するスイングスピード。上位候補だと思う」と評価した。

高松商が2年連続夏切符へあと1勝 プロ注目浅野翔吾、先頭打者弾63号に手応え/香川 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
高松商の注目スラッガー、浅野翔吾外野手(3年)が初回初球先頭打者弾を放った。丸亀との準決勝で高校通算63号。PL学園(大阪)の清原和博の記録に“王手”をかけた… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

この日も7球団が視察し、ヤクルト橿渕スカウトは「期待通りの結果を出す。スター性がある。積極性やプレースタイルは中日平田が出てきた時と似ている」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント