夏の高校野球・香川大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球香川大会、全国でもトップクラスに入るスラッガーの存在があり、それを止めようとする各高校のエースの存在も注目される。ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は英明が優勝し、尽誠学園が準優勝。四国学院大香川西と大手前高松が4強に入った。

春も英明が優勝し、高松商が準優勝。丸亀城西と丸亀が4強に入っている。

英明が強さを見せており優勝候補だが、高松商に丸亀城西、丸亀などが戦力を整えており、人生学院、大手前高松、坂出商なども優勝争いに絡みそうだ。

注目選手

高松商の浅野翔吾選手は171cm85kgの右のスラッガーで、高校通算は60本塁打を記録する。スイングの強さとコンタクトの良さで打撃ではプロ即戦力かもしれない。また強肩でも高校トップクラスは間違いなく、50m5.9秒も足も抜群。そして右打ちだったが左打ちにも挑戦し、左打者としてもぐんぐん評価が挙がるなど、器用さも持ち合わせたスペシャルな選手。

英明の池本生選手も177cm85kgの左のスラッガー。2年時からホームランを放っており、今年春も特大のファウルなど飛距離は申し分ない。チャンスに強い打撃も評価できる。

2年生でも英明の寿賀弘都投手は181cmの左腕投手で130キロ後半を記録し、高松商の大室亮満投手も185cmの長身左腕投手で130キロ後半を記録する。来年は両左腕が注目されることになりそうだ。

その他の選手

英明の寒川航希投手は176cm75kgの左腕投手で最速は144キロを記録、カーブ、チェンジアップなどを低めに集めて安定感がある。少年野球時代にU12代表メンバーだった徳永光希選手は二塁手として守備がよく巧打が特徴、俊足の逢澤杏哉選手など層が厚い。

高松商はエースの渡辺和大投手が176cm71kgの左腕で130キロ後半を連発する。しかし春は登板せず、状態に注目したい。代わりに投げた2年生の大室投手に、182cm右腕の甲田和喜投手も長身で来年のエース候補として期待。2年時に4番を打った本田倫太郎選手や1年時からショートを守っている2年生の横井亮太選手など、こちらも選手層が厚い。

大手前高松の片岡憧斗投手は180cm77kgの右腕投手で、143キロの伸びるストレートと切れ味鋭いスライダーが魅力。俊足外野手の目黒矢晃選手も香川NO.1と言われる走塁に注目したい。

尽誠学園はエース左腕の車波輝投手が馬力が有り、強いストレートをインコースにグイグイ投げてくる。辻村奏選手は二塁を守るが、リリーフで登板し130キロ後半を連発する。167cm68kgながら逆方向にも打球が伸びる出口翔夢選手、右の巧打者・仲村浩佑選手など、香川を代表しそうな選手がそろう。

丸亀城西は西岡幹太投手が130キロ後半を記録し、山下玲桜選手も二塁で好守備を見せる。2年生の中田涼介選手は飛距離が出る右の大砲。

高松北は多田陸斗投手が独特なフォームから139キロを記録し、183cm右腕の金子颯斗投手も角度がある。志度高の川辺直人投手は175cmの右腕で130キロ後半を記録、2年生の新倉護投手もきれいなフォームから140キロを記録し来年注目される

坂出商業は菅竜太投手が171cm70kgの右腕で1年時から球速が25キロ速くなり141キロを記録した。2種類のスライダーも抜群。藤井高の北谷一晴投手は143キロのストレートを投げる右腕投手。藤井学園寒川の松岡敏喜投手も2年時から左のエースとして登板経験が豊富。

三本松の石原裕和選手は180cm85kgの左打者で、ヒットを打つ打撃技術の高い選手。香川中央の2年生・宮原成輝選手も打撃に力があり方も強い選手。

2022年度以降-高校生-香川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント