霞ケ浦の152キロ右腕・赤羽蓮投手、渡辺夏一投手などに8球団が視察、赤羽投手はプロ志望へ

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

霞ケ浦高校で187cmから最速152キロの速球を投げる右腕・赤羽蓮投手、182cmから140キロ中盤の速球を投げる右腕・渡辺夏一投手などが登板し、8球団のスカウトの前でその力を見せた。試合に敗れ、赤羽投手はプロ志望の意思が強いことを明かした。

スポンサーリンク

霞ケ浦カルテット

4人の投手が注目された霞ケ浦、この日の準決勝・土浦日大戦では背番号11の渡辺夏一投手が先発すると、自己最速を1キロ更新する147キロを記録する投球で、6回途中を4安打6奪三振2失点の好投を見せた。

2番手では左腕の山田大河投手が登板すると、8回1アウト1塁の場面で背番号1を着けた赤羽蓮投手投手が登板する。187cmの長身右腕で、3回戦の水海道戦で152キロを記録し、一気に注目度が上がると、この日は8球団のスカウトが詰めかけ、その投球を見守った。

投球は打者2人のみ。146キロを記録したストレートで見逃し三振と遊ゴロに抑えた。しかし、試合は0−4で敗れ、「悔しい気持ちしかない」と涙を見せた。

赤羽投手は「レベルの高い所で、プロに行きたい気持ちが強い」と話し、プロ志望の意思が強いことを明らかにした。ただし、今大会で一気に7キロも球速を更新したものの、2試合1回2/3の投球しかしておらず、スカウトも評価ができていないような印象もあり、その点も考慮してプロ志望届を提出するかが注目される。

また、先発した渡辺投手は進路は未定だが「頑張って野球を続けたい」と、これからも野球を続けるとした。大学などからは引く手数多だろうと思うが、147キロを投げる本格は右腕としてプロからの評価も気になる所だ。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-茨城県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・茨城大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球茨城大会、今すぐプロと言う選手は少ないかもしれないが、将来的にかなり注目されそうな選手がいる。ドラフト注目度はB。
【茨城】霞ケ浦の最速152キロ右腕・赤羽蓮、8球団スカウトの前でリリーフも準決勝で涙「プロに行きたい気持ちが強い」
 最速152キロを誇る霞ケ浦のプロ注目右腕・赤羽蓮(3年)は、0―4の8回1死一塁から3番手で登板した。先発した背番号11の右腕・渡辺夏一(かいち、3年)が自己最速を1キロ更新する147キロをマークし

この日も8球団のスカウトの視線を集めたが、土浦日大に昨夏、秋に続く敗戦を喫した。今大会は2試合で計1回2/3の登板にとどまり、甲子園に届かず。進路を問われ、「レベルの高い所で、プロに行きたい気持ちが強い」と涙をふいた。

霞ケ浦が敗退、背番号11の渡辺夏一は涙「勝負させてもらって感謝」自己最速連発の力投も/茨城 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
霞ケ浦(茨城)は背番号11の渡辺夏一投手(3年)が自己最速の147キロを連発する力投を見せたが、敗れた。5回に四死球絡みで先制点を与え、6回も1死から四球を出… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント