静岡高・吉田優飛選手が今夏初登板4回無失点も敗戦、進路は「大学です」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

静岡高校で187cmの長身から149キロの速球を投げ注目されていた吉田優飛選手が、この夏初登板をした。試合に敗れ、進路は「大学です」と話した。

スポンサーリンク

149キロ右腕

打撃でも注目され、今大会でもホームランを放っている吉田優飛選手だが、やはり187cmの長身から149キロを投げる投手としての登板が待ち望まれた。

この日の準々決勝・掛川西戦で初登板をすると、本調子ではない投球だったが、4回2安打4奪三振無失点と結果を残した。その後、試合は1−3で敗れ、「投手の時にバッティングがよくない悪癖が出て、最後まで良い感じじゃなかったです。でも、ベンチの集中力は切れていなかった。何とか出塁したかったんですが」と、二刀流で活躍できなかったことを悔やんだ。

進路について聞かれると、「プロ志望届は出さないつもりです。大学です」と話し、大学進学を明言した。その上で、二刀流を続けるか問われると、「ピッチングの方は一度リセットして考えようと思います。バッティングは成長できたと思っているので」と、今後も続けていく意思を見せた。

昨年夏に、良い球の割合はまだ多くなかったものの、指にかかった球は素晴らしいものだった。今年は投手の実力を見せることはできなかったが、大学では驚異的な球を投げる投手になるのではないかと思う。

4年後を楽しみに待ちたい。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-静岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・静岡大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球静岡大会、高校野球を盛り上げようと熱心な方が多く、情報発信力の高い地区で多くの選手が紹介され評価されている。本命としていた投手が少し伸び悩みをしているものの、プロが注目するスラッガーが揃っており、ドラフト注目度はA。
最速149キロ右腕、静岡・吉田優飛は4回無失点もベスト8で散る 注目の進路は「大学です」と語る - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高めのスライダーに思わず手が出た。9回2死から空振り三振。3連覇をかけて挑んだ静岡高が誇るプロ注目最速149キロ右腕、4番も打つ吉田優飛(3年)の夏はベスト8で終止符が打たれた。

それでも、浜松開誠館との今春県大会決勝以来の先発で4回2安打4三振無失点とゲームメーク。今後の進路については「プロ志望届は出さないつもりです。大学です」と明確に答えた。マウンド勝負か、それとも打席勝負か。はたまた二刀流か。「ピッチングの方は一度リセットして考えようと思います。バッティングは成長できたと思っているので」と自信が芽生えた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント