夏の高校野球・静岡大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球静岡大会、高校野球を盛り上げようと熱心な方が多く、情報発信力の高い地区で多くの選手が紹介され評価されている。本命としていた投手が少し伸び悩みをしているものの、プロが注目するスラッガーが揃っており、ドラフト注目度はA。

スポンサーリンク

地区

昨秋は日大三島が優勝しセンバツにも出場した。永田監督のチームを作り上げる力が改めて評価される。準優勝は聖隷クリストファー、4強に静岡と浜松西が入った。

春は浜松開誠館が優勝し、静岡が準優勝。4強に掛川東と静清が入っている。

安定して力を見せている静岡は優勝候補として間違いないが、新興の浜松開誠館や実力のある常葉大菊川、甲子園を経験した日大三島などが勢いに乗って頂点に駆け上がるかもしれない。

注目選手

静岡の吉田優飛選手は、187cm88kgの体があり、投球は安定していないのだが、指にかかった球は鳥肌もので全国でもこんな球を投げる投手はいないのではないかと思える。しかし今年春も投手としては制球が定まっておらず、打撃でも県屈指のパワーがあることから、どのように起用されるか。少し時間がかかったとしても、投手としての大成を見てみたい選手。

野手にプロ注目選手が多い。浜松工の近藤爽太選手は186cm80kgの大型選手で、打球を恐ろしく飛ばす選手。高校通算22本と伸ばしており足もある。浜松開誠館の静内龍之介選手も180cm84kgの体があり、鋭いスイングから痛烈な打球を放つ。投げても143キロの強肩も注目される外野手だ。

そして富士宮東の勝又琉偉選手はc187cm78kgの大型選手で、ショートを守り、50m5.8秒の足を見せる選手。外野の頭を割っての二塁打、三塁打は当たり前で、プロもその身体能力の高さに注目している。

他に、常葉大菊川の安西叶翔選手は186cm89kgと見事な体があり、サイドハンドにした昨年秋から球速が147キロを記録し注目投手となった。日大三島の松永陽登投手は、180cm80kgの右腕投手で140キロの速球にカットボールなど多彩な変化球を投げるが、長打力と確実性の高い打撃を見せ、野手として注目されている。

その他の選手

静岡高校は130キロ中盤の球を投げる鈴木脩矢投手と187cmの長身から低めに球を集める法月彰弘投手が安定しており、リードオフマンとしてもショートの守備も定評のある山本和輝選手やチャンスに強い袴田航旭選手など、チームの形がしっかりしている。

浜松開誠館は左腕の山口祥吾投手も130キロ後半の速球を投げ、2年生の近藤愛斗投手が143キロ、広崎蓮選手が130キロ後半の速球を投げる。高校通算18本の斎藤健介選手や、高い守備力を見せる吉松礼翔選手などこちらも陣容が整う。

日大三島は185cm82kgの大型外野手・加藤大登選手が、50m6.2秒を記録する身体能力を持ち、その能力が評価されている。高い打率の1番打者・京井聖奈選手やショートの守備が安定している吉川京祐選手、そして二塁送球が1.9秒台の2年生捕手・野田優磨選手などがいる。

掛川西の狩俣藍生選手はセンターで足を生かした守備を見せるが、痛烈な打球を飛ばす3番バッターとして高校通算33本塁打を放つ。通算16本塁打の羽切佑太朗選手に強肩で通算10本塁打の河原崎琉衣選手などがおり、投手の山本柊太選手は185cm82kgから141キロの速球を投げ、打撃でもパワーを見せる。

聖隷クリストファーの弓達寛之投手は秋準優勝の立役者で、その後、故障をしたことでセンバツ出場を逃す結果になってしまったが、夏までに復活が期待される。

常葉大橘は50m6.1秒の俊足・中畑凪輝選手と、4番でチャンスに強い松田碧海選手が注目。加藤学園の太田圭哉選手は1年時の甲子園交流戦で素晴らしい打撃を見せていた。

東海大静岡翔洋の大野俊平選手は、180cm80kgの右のスラッガーで長打力と足もあり、中学時代に100mで11秒台を記録した俊足の星野優輝選手も注目したい。

駿河総合の原崎翔陽投手は187cm左腕としてプロも注目しており、双子の兄の原崎雄陽選手も右投手として登板する本当のツインタワー。

沼津商の木村優生投手は192cm91kgのビッグサイズの投手で、球速は130キロ中盤だが角度のある球で三振を奪える。浜松工は180cm81kgの細窪優良投手が141キロを記録し、ストレートで勝負できる投手になってきた。静清の久保陸弥投手も186cm80kgの長身投手で130キロ後半の速球を投げる。

星稜の稲葉亜蘭投手も186cm80kgの体から140キロの球を投げるスケールのある投手。浜松西の牧野龍之介投手も141キロの速球を投げる右腕投手。三島南の植松麟之介投手は、サイドスローからのコンビネーションで、静岡高を9回1失点に抑えて勝利した実績がある。

御殿場西の藁科優斗投手は球速は130キロ前後も、回転の良いストレートと変化球が魅力で三振を奪う。島田商の田村勇翔投手は左サイドハンドから130キロ後半の球を投げる投手でおもしろい。島田樟誠の孫俊郎投手も130キロ中盤のクロスファイアが魅力。浜松城北の河原崎勇人選手は181cm86kgの左腕投手で130キロ中盤を記録する。

富士宮北の遠藤玲空選手はサードで出場するがリリーフで登板し142キロの球を投げる。静岡商の大橋建仁投手も141キロの力のある球を投げ、外野手の藤江貴都選手が強肩強打に足もある外野手として注目される。

桐陽の飯田雄清選手は、掛川東との練習試合で1試合3本塁打を放つなど通算20本塁打に、50m5.9秒の俊足が光る。

2022年度以降-高校生-静岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント