利根商の内田湘大選手が149キロ記録、楽天スカウト「スケールの大きな投手になりそう」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

二刀流として注目された利根商の内田湘大選手がこの日、7球団のスカウトの前で投手として149キロを記録した。敗戦となり今後について「第一志望はプロです」と話した。

スポンサーリンク

投手として評価も

利根商の内田湘大選手はこの日、6点リードされた7回2アウト3塁の場面でファーストからマウンドに向かうと、躍動感あるフォームから自己最速を3キロ更新する149キロを記録し、スタンドをざわつかせた。

2回1/3を投げて2安打2奪三振1失点も、投手としての素質を十分感じさせる投球に、視察した東北楽天の沖原スカウトは「体も強いし、スケールの大きな投手になりそう」と評価した。

桐生清桜戦で推定120mの特大弾を放つなど、スラッガーとしても注目されている内田選手、試合後には「第一志望はプロです」と話し、プロ志望届の提出が予想される。ドラフト会議では下位、または育成ドラフトでの指名と予想するが、プロ側の評価を注目したい。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-群馬県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・群馬大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球群馬大会、投手だけでなく野手にもプロ注目の選手がそろう。ドラフト注目度はB。
利根商、救援登板の内野手が自己最速149キロ!120メートル弾も放った二刀流の夏終わる【高校野球群馬大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇25日 全国高校野球選手権群馬大会準決勝 高崎健康福祉大高崎8―1利根商(上毛新聞敷島) 公立のプロ注目二刀流の夏が終わった。利根商...

救援マウンドは、リードを6点差にされた7回2死三塁。直球を軸に、この夏最長の2イニング3分の1を2安打1失点。スカウト陣の前で、躍動感あふれるフォームから、自己最速を3キロ上回る149キロを披露。桐生清桜戦の推定120メートル弾など、スラッガーとしての評価だけでなく、投手とても魅力たっぷりで、楽天の沖原スカウトは「体も強いし、スケールの大きな投手になりそう」とあらためて評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント