九州学院・村上慶太選手は4打数ノーヒットで敗退、進路はプロ入りも視野に

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

九州学院のスラッガー・村上慶太選手が、準々決勝の聖光学院戦では4打数ノーヒットに終わり、試合も敗れた夏が終わった。

スポンサーリンク

「これから考えます」

この日も4番を打った村上慶太選手だったが、第3打席、第4打席で得点圏にランナーがいる場面で打席が回ったものの、ともに内野ゴロに終わり4打数ノーヒットに終わった。「本当に悔しい気持ちでいっぱいです。自分が4番を打たせてもらってるにも関わらず、チャンスで打てなかった」と涙を流した。

それでも今大会は12打数3安打1打点、本当に最高の舞台だった。ヒットが打てたのはうれしいし、ベスト8にもこられた。全国で通用するところもあったな」と話した。

今後について聞かれると、「これから考えます」と話したが、「上の世界で勝負したい。日本を代表するバッターになりたいです」と話し、プロ志望届の提出も視野に入れている。

兄の村上宗隆選手とともに村上兄弟でプロ野球で活躍する日を期待したい。

2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【甲子園】ヤクルト村上の弟、九州学院・村上慶太「チャンスで打てなかった」4強入り逃し涙 - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ
九州学院(熊本)が初の4強入りを逃した。初回に1点を先制した直後、5失点。4回にも4失点と主導権を握られ、聖光学院(福島)に打ち負けた。ヤクルト村上宗隆の弟で… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

最初で最後の甲子園は12打数3安打1打点だった。「本当に最高の舞台だった。ヒットが打てたのはうれしいし、ベスト8にもこられた。全国で通用するところもあったなと」。今後の進路については「これから考えます」と話すにとどめたが、「上の世界で勝負したい。日本を代表するバッターになりたいです」とプロ志望も視野に入れていく。

九州学院・村上慶太、4の0で終戦 兄の燕・宗隆に「結果で恩返ししようと思っていた。できなくて悔しい」
第104回全国高校野球選手権大会・第12日第4試合(聖光学院10-5九州学院、準々決勝、18日、甲子園)大きな手で顔を覆って、人目をはばからずに泣いた。ヤクルト…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント

  1. 2022年ドラフト会議福岡ソフトバンクホークス1位浅野翔吾(高松商)2位河野佳(大阪ガス)3位松尾汐恩(大阪桐蔭)4位村上慶太(九州学院)5位西隼人(関西学院大)6位萩尾匡也(慶應義塾大)7位生井淳巳(慶應大8位門脇誠(創価大)