大阪桐蔭・松尾汐恩捕手、プロ志望届について「これから考えたい」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース プロ志望

下関国際に敗れた大阪桐蔭、プロ注目捕手の松尾汐恩選手はプロ志望届の提出について明言はしなかった。

スポンサーリンク

「次のステップで頑張りたい」

大阪桐蔭はこの日、下関国際に9回に2点を逆転されると、8回はチャンスで松尾汐恩選手に打席が回ったものの三振に倒れた。

この日は今大会、初戦の旭川大高戦で4打数3安打2打点、続く聖望学園戦では2本塁打を放つなど5打数4安打を記録した。二松学舎大付戦では2つの四球に犠打などもあり2打数ノーヒットだった。この日の準々決勝は第1打席でレフトに二塁打を放ち打点を挙げた。5回、6回には四球で出塁するなどチャンスを作り、3打数1安打1打点だった。

打席での待ち方が素晴らしく、簡単に空振りをしない打撃技術がある。四球をしっかりと選び、スイングすると思い切りが良い。高いレベルの打者であることは間違いない。また捕手としてもキャッチングの技術が素晴らしかった。

高校生捕手としてドラフト上位候補と評価される。試合後にプロ志望届について聞かれると、「これから考えたい」と明言しなかったが、「この悔しさを持って次のステップで頑張りたい。走攻守そろった選手になりたい」と話した。

プロ志望届は提出することが予想される。ドラフト会議では3位前後での指名となりそうだ。

2022年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【甲子園】大阪桐蔭・松尾汐恩、試合後会見中涙止まらず…プロ志望届「考えていく」 - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ
試合後の会見中も涙が止まらなかった。大阪桐蔭・松尾汐恩捕手(3年)は4度の甲子園で計5本塁打。今大会も2発放ち、捕手・三塁を守る大会屈指の野手として活躍。「終… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

プロ側の評価は高く、志望届を出せばドラフト指名確実とみられるが「(これから)考えていく。3拍子そろった選手になりたい」と話すにとどめた。

大阪桐蔭・松尾「自分のミスで負けた」涙止まらず プロ志望届は「これから考えたい」/甲子園
第104回全国高校野球選手権大会・第12日第3試合(大阪桐蔭4-5下関国際、準々決勝、18日、甲子園)プロ注目の大阪桐蔭・松尾は「自分がチャンスで打てず、投手陣…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント