近江・山田陽翔投手がプロ志望表明「どちらでも準備するが自信あるのは投手」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース プロ志望

夏の高校野球甲子園大会は準決勝が行われ、近江はプロ注目のエース・山田陽翔投手が7回途中まで5失点で降板し、2−8で下関国際に敗れた。試合後にプロ志望を表明した。

スポンサーリンク

自信があるのは投手

この日、この夏の甲子園で5度目の先発のマウンドに立った山田陽翔投手は、初回に味方のエラーから1失点、3回には1アウト満塁から暴投で1失点をした。

6回には先頭から2者連続四球を与えると、1アウト後に2点タイムリーを浴びる。7回も連打と犠飛の後に四球を与えた所で降板した。最速は148キロを記録したが制球が定まらず、高めに浮く球もあり、7回途中までに7つの四球を与えた。6回2/3を投げて7安打7奪三振5失点、山田投手の夏が終わった。

試合について山田投手は「エンジンがなかなかかからない。四球がすごく多くて負けに直結した。打者1人1人が考えていて、すごく投げづらかった」と話し、本調子ではなかったことや下関国際打線の力を認めた。

1年夏からその力を見せていた山田投手。昨年夏は準決勝まで、今年春のセンバツは決勝まで、そしてこの夏も準決勝までと、近江を上位へと導いた。甲子園11勝、通算115奪三振という記録を残した。「小さい頃からのあこがれの場所。これだけたくさんの試合をやらせてもらって、この貴重な経験を生かせるように頑張りたい」と話し、甲子園を振り返った。

そして前を向く。今後について聞かれると、「プロ野球にいけるのであれば、いかせていただきたいと思っています。プロ志望届は出します」とプロ志望を表明し、「どちらでも準備しています。自信を持っているのは投手かなと思います」と話した。

山田投手は4番バッターとしても高校屈指のスラッガーとして評価をされている。しかし、投手として挑戦したいという思いを持っており、プロ側も基本的には投手として評価している。

これからおそらくU18代表、そして国体など、山田選手の高校野球はもう少し続きそうだが、プロに入りどのような成長と活躍を見せてくれるのか、楽しみにしている。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【夏の甲子園2022】準決勝の対戦カードと注目選手
夏の高校野球甲子園大会、準決勝の対戦カードと注目選手です。
【甲子園】近江・山田陽翔「胸を張ろう」決勝逃すも涙なし、投手でも打者でもプロ目指す - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ
近江(滋賀)は5戦連続先発のエース山田陽翔投手(3年)が7回途中5失点で降板し、2季連続の甲子園決勝を逃した。同点の6回1死満塁。森凜琥(りく)内野手(3年)… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

今秋ドラフト候補に挙がるなか、プロ志望届の提出を明言。「どちらでも準備しています。自信を持っているのは投手かなと思います」。基本的に投手としてプロで戦いたい考えだが、打者で評価している球団もある。指名後に決断することになりそうだ。

近江・山田陽翔、プロ志望届提出を明言 「あこがれの場所」 準決勝敗退も5試合連続先発し力投【甲子園】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇20日 全国高校野球選手権大会準決勝 下関国際(山口)8―2近江(滋賀) 近江が下関国際に終盤に突き放されて準決勝で敗退し、今春のセ...
近江は21年ぶりの決勝進出ならず プロ注目の最速149キロ右腕・山田はプロ志望届提出を明言/甲子園
第104回全国高校野球選手権大会・第13日第2試合(近江2-8下関国際、準決勝、20日、甲子園)2年連続の準決勝に挑んだ近江(滋賀)は下関国際(山口)に敗れ、2…

最速149キロ右腕は注目される進路について「プロ野球にいけるのであれば、いかせていただきたいと思っています。プロ志望届は出します」と明言した。

近江、準決勝で散る エースで4番で主将の山田 思いこみ上げ涙「ありがとう…憧れた甲子園」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 選抜準優勝の近江は、大阪桐蔭を準々決勝で撃破した下関国際に破れた。今秋ドラフト上位候補の山田陽翔(3年)が132球を投げ6回2/3を7安打5失点で降板。滋賀県勢の春夏通じ初優勝の夢は来年以降に持ち越しとなった。
【甲子園】近江・山田「悔しいけど素晴らしい成績」4強誇りプロ志望表明「自信を持っているのは投手」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 近江(滋賀)は下関国際(山口)に敗れ、2年続けてベスト4で涙をのんだ。
【甲子園】エース・山田陽翔、プロ志望届「出します」「プロ野球に行けるのであれば行かせていただきたい」
 近江(滋賀)が下関国際(山口)に敗れ、21年ぶり夏2度目の決勝進出を逃した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント