九州国際大付、野田海人捕手に9球団、黒田義信選手に8球団から調査書

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

九州国際大付では、U18に出場した野田海人捕手、黒田義信外野手がプロ志望届を提出し、野田選手に8球団、黒田選手に9球団から調査書が届いている。

スポンサーリンク

U18トリオ

九州国際大付は、昨年の明治神宮大会や今年のセンバツ、夏の甲子園にも出場し、今年の高校野球の中心となったチームの一つだった。その中で野田海人捕手は遠投110mの全国屈指の強肩捕手、黒田義信外野手は50m5秒台の足と高校通算43本塁打の長打力で、ともにU18代表としてW杯で銅メダル獲得に貢献をしている。

ともに多くの球団から調査書が届いているが、野田選手は「不安より楽しみでしかない」と話し、「ソフトバンクの甲斐選手のように、投手の良さを引き出せる捕手になりたい」と話すと、黒田選手も「前田智徳さんのような背中で語れるような選手になりたい」と話した。

U18代表ではエース左腕の香西一希投手も選出されたが、大学進学を志望する。そして「3人で同じ舞台に立ちたい」と話し、4年後のドラフト会議の指名を目指す。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2022)
2022年9月9日にアメリカで開催が予定されるU18ワールドカップの、侍ジャパンU18代表が発表されました。選手の特徴などを紹介します。(8月22日更新)
九州国際大付属高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年高校生プロ志望届提出選手一覧
2022年の高校生プロ志望届提出選手の特徴や簡単な紹介です。10月6日は追加が0名で合計154名となりました。プロ志望届けの提出は本日が締め切りですが、一覧表には明日も追加される可能性があります。

野田&黒田プロ希望、香西進学希望 ー 西日本スポーツ紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント