近江・山田陽翔投手が阪神・ソフトバンクと面談、11球団と面談終了

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

近江の山田陽翔投手は、10月12日に阪神・福岡ソフトバンクと面談を行い、11球団との面談を終了した。

スポンサーリンク

阪神・ソフトバンクと面談

山田陽翔投手は、近江高校で阪神、福岡ソフトバンクと面談をした。阪神は筒井スカウトが面談し、甲子園ですでに通算11勝を挙げている事について「相性がいいのかなと思っている」と話した。

また、福岡ソフトバンクは稲嶺スカウトが面談をし、「気持ちの強い子」と評価されたという。エースの千賀投手について「ランナーを置いた時の間の使い方は超一流だなと。技術的なことを聞きたい」と話した。

これで11球団との面談を終了し、ドラフト会議を待つことになる。「落ち着かない。ワクワクもあります。次のステージに上がってもしっかり活躍できる準備を進めていきたい」と話した。

2022年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/10/13/kiji/20221013s00001728108000c.html

阪神は筒井和也スカウトが同席。本拠地となる甲子園では通算11勝を誇り「相性がいいのかなと思っている」と好印象。11球団との面談を終え、「落ち着かない。ワクワクもあります。次のステージに上がってもしっかり活躍できる準備を進めていきたい」と運命の日を心待ちにした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント