来年ドラフト注目バッテリー、報徳学園の盛田智矢投手と堀柊那捕手に12球団が視察し巨人スカウトが評価

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

秋季高校野球近畿大会では、12球団のスカウトが視察する中で、大阪桐蔭や履正社、報徳学園が登場し、報徳学園の盛田智矢投手と堀柊那捕手のバッテリーに、スカウトの視線が集まった。

スポンサーリンク

注目バッテリー

盛田智矢投手は187cmの長身右腕で、この日の箕面学園戦で先発すると、141キロを記録したストレートとカーブを投げ、6回をノーヒットで無失点に抑える好投を見せた。7回は1年生の間木投手に交代し、7回コールドで勝利、2人の継投でノーヒットノーランを記録した。

この日はカーブ以外の変化球を封印し、ストレートと2種類のみの投球だった。それでも相手を圧倒したが、「点差が開いていたし、結果的にそうなっただけ。自信にはならない」と話し気を引き締めた。

この日は履正社や大阪桐蔭も出場するとあり、紀三井寺球場には12球団のスカウトが集結したが、視察した巨人の岸スカウトは「角度のある直球が魅力でカーブがいい。内外角に投げられる制球力がある。」と評価すると、他のスカウトも「平均で140キロ台になれば面白い。カーブも投げられるからいい」と話した。

また、報徳学園は堀柊那捕手が特に注目されている。二塁送球が1.8秒台の強肩捕手で打撃も良く、この日は4回1アウト1,2塁の場面でタイムリーヒットを打つなど4安打を放ち、リードでも2人の投手でノーヒットノーランを演出した。

巨人の岸スカウトは「地肩が強く、走攻守、全てでいい。2人とも候補に挙がってくる」と評価した。

ドラフト会議が終わり、来年に向けた選手のチェックが本格的に行われる。

2023年ドラフト候補一覧
2022年のドラフト候補選手一覧です。まずは2022年ドラフト会議翌日のスポーツ紙に掲載された、来年のドラフト候補をまとめました。 皆様よりお寄せいただいたドラフト候補選手の動画とみんなの評価の選手を元に掲載しております。ぜひ、良い選手を...
2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】報徳学園のプロ注目バッテリー活躍!盛田が6回無安打無得点&堀が4安打で8強入りに貢献
 1回戦3試合が行われ、報徳学園(兵庫1位)、大阪桐蔭(大阪1位)、履正社(同2位)が8強入りした。報徳学園は盛田智矢(2年)らの継投で7回参考ながら箕面学園(同3位)を無安打無得点に抑え、堀柊那捕手

女房役の堀は4回1死一、二塁で中前適時打を放つなど4安打をマーク。「盛田が頑張ってくれたのが一番」とエースの快投をたたえた。大阪桐蔭、履正社なども登場したため全12球団が視察。巨人の岸スカウトは「(盛田は)角度のある直球が魅力でカーブがいい。内外角に投げられる制球力がある。(堀は)地肩が強く、走攻守、全てでいい。2人とも(ドラフト)候補に挙がってくる」と高評価した。

報徳学園7回コールド スカウト見守る中、盛田智矢6回無安打の快投 堀柊那は4安打 - 高校野球 : 日刊スポーツ
報徳学園(兵庫1位)は右腕先発の盛田智矢投手(2年)が6回無安打無得点の快投で、7回コールド勝ちに導いた。最速で140キロを超えた速球は長身の187センチから… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

最速で140キロを超えた速球は長身の187センチから投げ下ろして角度があった。さらに100キロ台のカーブも効果的で、相手打線を手玉に取った。客席で見守ったNPBスカウトは「平均で140キロ台になれば面白い。カーブも投げられるからいい」と期待を口にした。7回に登板した間木歩投手(1年)とノーヒットノーランリレーを完成させた。

【高校野球】報徳学園がプロ注目バッテリーの活躍で7回参考無安打無得点 盛田智矢6回0封 堀柊那4安打
 報徳学園(兵庫1位)が13安打11得点で箕面学園(大阪3位)に大勝し、6年ぶりのセンバツ出場に前進した。プロ注目右腕の盛田智矢(2年)が6回無失点に抑え、間木歩(1年)との継投で7回参考ながら無安打
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント