東大阪大柏原・福山純平投手の夏が終わる。プロ志望へ

高校野球ドラフトニュース プロ志望 2012年ドラフトニュース 2012年高校野球選手権ニュース

 大阪桐蔭に敗れた東大阪大柏原高校、昨年2年生エースとして甲子園でも活躍した福山純平投手が9安打を浴びて7失点し敗れた。福山投手は試合後に「上でやりたい」とプロ志望を表明した。

 福山純平投手は174cmの右腕で146kmのストレートを投げる。回転の良いストレートは空振りを奪える球質。昨年は大阪大会を制すると甲子園でも1回戦の至学館戦で13奪三振、1失点完投勝利を挙げた。

 プロも2年生の時から注目しており評価は下がっていない。しかし、他の高校生投手や大学生、社会人選手もおり、ドラフト会議では中位から下位での指名があるかどうか。

東大阪大柏原・福山7失点で完敗!プロ志望明言…大阪大会 - スポーツ報知:2012/07/27

ドラフト候補の146キロ右腕、東大阪大柏原・福山純平(3年)に涙はなかった。昨夏、昨秋に続く大阪桐蔭との対戦は9安打を浴びて7失点。「僕は3度とも打たれた。これが実力」と完全燃焼の表情を見せた。昨夏は甲子園で1勝を挙げた主将で主砲の大黒柱。田中秀昌監督(55)は「甲子園も秋の近畿大会も連れて行ってくれた」とねぎらった。福山は進路について「上で投手で勝負したい」とプロ志望を明言した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント