夏の高校野球・群馬大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度A

2024年ドラフトニュース 2025年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球群馬大会の注目選手を紹介します。センバツ優勝の健大高崎がおり、また2年生にもドラフト上位候補がいる。ドラフト注目度A。

スポンサーリンク

注目選手

前橋商の清水大暉投手は190cm85kgから最速152キロの速球を投げる。昨年は素質でなげていた感じが、今年はフォームを一つ一つ緻密に組み立てている感じで、カーブ、スライダーなども織り交ぜて1試合を投げきろうとしているのがわかる。もっと球速が出ると思うが、フォームの良さなどプロのスカウトも非常に高く評価されており、ドラフト上位での指名が有力と見られる。

健大高崎は捕手の箱山遥人選手が春に大きな実績を残した。主将としてのリーダーシップや捕手としての強肩はもちろん、打撃でもセンバツに出場した右打者の中でトップクラスと思う。打てる捕手として高く評価されそうだ。2年生の右腕・石垣元気投手はすでに152キロを記録し、センバツでは優勝に多き貢献した。左腕の佐藤龍月投手は146キロを記録し、そのピッチングは来年までにかなり成長するだろう。

その他の選手

健大高崎は大型遊撃手の田中陽翔選手や高校通算21本塁打の森山竜之輔選手、広角にヒットを打てる高山裕次郎選手、高打率でチャンスを作り続ける斎藤銀乃助選手といった3年生はみな注目で、さらに180cm左腕の下重賢慎投手も130キロ後半を記録すると、1年の岸亮匡投手も143キロを記録する投手で、次世代以降も楽しみな選手が多い。

桐生第一は宮本凱矢投手が187cm90kgの体格から146キロを記録した。急成長をしている投手で注目される。50m5秒台の俊足・須田陽哉選手や、長打力に内野・外野で高い守備力を見せる木立東真選手、そして中学時代から注目される2年の松田陸人投手も期待されている。

前橋育英は左腕の黒岩大翔投手が142キロ、右腕の若林武千代投手が141キロを投げ、力のある投手陣はチームの真骨頂。

渋川青翠の萩原瑠偉投手は春1回戦で13アウト中9個が三振、2回戦の渋川戦でも10奪三振2失点完投と三振を奪える。戸郷投手のように大きなテイクバックから腕を大きく使う投手。田島槇信選手も二刀流でパワーがある。

桐生市商の芹澤典選手は187cmの長身右腕で、野手から転向して真もない。これから成長が期待される。明和県央の小路颯人投手は130キロ中盤の球と制球力があり2年時から安定した投球を見せている。太田東の神山颯汰投手は140キロのストレートに力がある。

樹徳の北爪優悟選手は181cm90kgの体から力のあるストレートをなげ、打者としてもホームランを期待できる二刀流。安中総合の岡田佑選手は1番ショートでチームの柱。

常磐高は183cmの小林凌大投手やサイドハンドの中里楓太投手、春に長打力を見せた保住隼選手などがいる。

2年生では東農大二の山田琉聖投手が182cmの右腕投手で、春に前橋商の清水投手と投手戦を演じ、143キロを記録した。腕の振りやフォームのバランスが素晴らしくプロのスカウトも視察をしていた。関東学園大付の篠塚大地選手は強肩と好リードの捕手として注目される。藤岡北の田村剛基選手は野球を始めたばかりだが140キロの球を投げ長打を打っている。

2024年度以降-高校生-群馬県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント