夏の高校野球・千葉大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B

2024年ドラフトニュース 2025年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球千葉大会の注目選手を紹介します。例年ドラフト指名確実という選手がいるが、今年は素材型の選手が数多くいる感じで、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

注目選手

専大松戸の梅澤翔大投手はやや低い位置から149キロの速球を投げるようになった。春はほとんど登板がなかったが千葉県屈指の速球派。中山凱選手は1年時からショートとして注目をされており、昨年は捕手をしていたがショートに戻り、強い送球を見せている。打撃でもパワーがあるのは見せており、確実性を高めたい。

中央学院の颯佐心汰選手も1年時から投手として148キロ、ショートとしてもスピード感のあるプレーをみせてきた。しかし、3年時までにもっと良くなりそうという感じもあり最後の夏に期待したい。

木更津総合の184cmから146キロの速球を投げる千葉雄斗投手は、今後、本格化してきそうな素質を持っている。

その他の選手

木更津総合は羽根徹平選手捕手が2年時から注目されており、打撃の力も増してきた180cm右腕の石澤順平投手が多彩な変化球と130キロ中盤の安定した投球をする。主軸の井上陸選手なども2年時から期待をされており成長したほか、1年時から素質の良さをみせていた庄村佑心選手が1番打者として成長している。

専大松戸は青野琉果投手も139キロ、八津快洋投手も182cmの左腕で135キロを記録している。清水友惺選手や2年生の土田悠翔選手など素質のある打者が並び、そして1年には182cm83kgの本格派・門倉昂大投手が加わった。

中央学院は臼井夕馬投手も143キロを記録するサイドハンド投手。188cm85kgから142キロを投げる蔵並龍之介選手と、164cmながら146キロを投げる中村研心選手は野手としてのセンスに注目されている。俊足の水嶋悠選手、強打の森田倫揮選手、強肩外野手の青木勝吾選手と飯山成夢選手など素質ある選手がそろい、2年の三宅遼真選手も140キロを記録する。

拓大紅陵は181cmの右腕・竹内界翔投手が145キロを記録するが。春はまだ本調子とはいえなかった。それでも体のある投手だけに、しっかりと組み合わされば力を発揮しそう。下和田大尊投手も140キロを記録する。

市立船橋は工藤将祐投手が145キロまで球速を伸ばし、千葉県でも上位に来る投手だと思う。2年の花嶋大和選手も181cmの大型選手で中学時から注目されており、同じく2年生の川崎耕司投手も力のある球を投げている。1番の3年・大野七樹選手もスピードがある。

千葉経済大付は183cm86kgの右のスラッガー・石黒連央選手の迫力ある打撃と、137キロ右腕で常時130キロ中盤を記録する福井聖理投手が、良いチェンジアップを投げる。

習志野は2年時から主軸を任されていた根立陸斗選手がパワーがあってコンタクトもできる。弾丸弾を放った2年の岡田諒介選手も注目される。

千葉学芸の菊地ハルン投手が200cmから149キロまで球速を伸ばしているが、試合ではまだその力をあまり見せられていない。2年の新田継吾投手も142キロを記録している。千葉明徳の左腕・尼形知樹投手はダイナミックなフォームから140キロの球を投げる。千葉黎明の三田村悠吾選手は186cm80kgの体があり147キロを計測した。バネのある体から勢いある球は魅力。2年の田代敬祐投手も182cm80kgから角度の良い球を投げる。

横芝敬愛の秋山哉太投手は186cmの左腕で135キロを記録し将来が楽しみ。東京学館は玉井優輝投手が142キロ、正木士恩投手も130キロ中盤の速球を投げる。戸島舷貴投手は185cmから130キロ後半の速球を投げる。東京学館浦安の橋本啓佑投手も130キロ後半の速球を投げ、土気の別当雨壱投手も184cmの左腕で絵130キロ中盤を記録、打撃にもプロが注目している。

光英VERITASの早川純暉投手も178cm80kgから130キロ後半の速球と鋭いスライダーを投げ、高校通算10本塁打の伊藤優翔選手も気持ちの良い打撃を見せる。市立柏の田村翔斗投手も139キロを記録し2種類のスライダーを織り交ぜる。わせがくの黒川朝元投手は国指定の難病と戦いながら139キロを記録する投手となった。

市原中央の土橋怜於選手は、二塁送球1.8秒の送球と50m6.1秒の俊足で、高校通算18本と長打力もあり逆方向にももっていける。捕手としても能力が注目されている。千葉英和の黒澤一志選手は1番ショートでプレーし、投手としても力がある。成田の鈴木晴仁選手も高校通算10本を超え長打力が魅力。八千代松陰の一宮知樹選手も県屈指と言われるスラッガー。

我孫子二階堂の神谷虎ノ介選手は投げては148キロ、打っても高校通算30本を越すスラッガーで、50m6.1秒の足もある。志学館の久保山武蔵選手は高校通算19本塁打に50m5秒台の足がある。

千葉敬愛の森虎之介選手はシャープなスイングから11本塁打。日体大柏の久野楓捕手は攻守に注目され、目の覚めるような送球を見せる。浦安高の馬場剛聖選手は高校通算15本塁打を放つ。千葉西の坂本龍之介選手はフットワークの良い守備が魅力。行徳の水竹颯選手は182cmで体重が146キロという体格で、春に1試合2本塁打を放った。

 

2024年度以降-高校生-千葉県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント